お問い合わせ 808-373-7193

電話受付時間:ハワイ時間 午前6時〜午後5時 日本時間 午前1時〜正午12時

日々旅暮らし

ほろほろ旅人生・島暮らし

紅葉@鬼怒川

ホノルルを出る直前にNHK衛星の鬼怒川特集を見て、

「行ってみたい」と言う相方→急遽スケジュール変更です。

鬼怒川=鬼?

a01

橋を目指して、

a02

が、アッシは怖いのでパス。

a03

撮影BY相方。

a04

もう一箇所の橋から。

a05

でも部屋からのビューで十分でした。幻想的~♪

a06

紅葉プライム時で、たまたまこの日だけ1室空いてたわけだが、

この宿が人気の理由、なんかわかった。

a07

ゲストの年齢層がとても高くて、母親世代で占められてた。

毎年この時期リピするって夫婦も多いそう。

今日本で一番おきゃね持ってる層だよね。

平日の新幹線のグリーンに乗ると一目瞭然にて、

祖父母をスポンサーにして3世代楽しむ宿が増えているのも納得。

ハワイ観光業もパワフルなシルバー世代の財布を狙うべしっ。(笑)

それではチェックイン。

a08

おざましますです。

a09

ダンディーなおじさま。ジョン金谷の愛した「渓谷の別荘」。

a10

確かここバブル時に足利銀行の破綻の影響受けてるよね。

その後再生→リノベーションして見事に蘇った模様。

ちなみに日光金谷と中禅寺金谷は別経営だそうです。

始まりは日光金谷の姉妹館だったそう。

ガイジンは日光東照宮LOVEだし、帰りに鬼怒川寄ったのかな。

a12

相方いわく「栃木は意外に見所あるね」ですと。

益子焼・いろは坂・日光猿軍団とか?

ジョン金谷の愛したチョコ:ちびな1本が400円。たっけー。

a11

実は全然期待してなかったのですが、オットお気に入りとなりました。

美しく再生されたホテルとも旅館とも言える宿です。

<続>

☆おまけ:内閣府のリポート。

『世帯主が65歳以上の世帯の平均貯蓄額は2,257万円で、全世帯平均1,664万円の約1.4倍、

4,000万円以上の貯蓄を有する世帯主が65歳以上の世帯は16.1%であり、全世帯(10.2%)と比べて高い水準』

だそーよ。

著莪の里ゆめや

夕食は本館でいただきました。

私達、部屋出し苦手なもんで・・・。(匂いこもるし)

a20

純和風の数奇屋。

a21

テーブル個室:正座ダメな相方にはよろし。

a22

秋のメニュー。

a24

達筆お品書き。

a23

とろろゼリー寄せ、鯖かな?(失念)

a25

前菜色々:蓋付きには煮蛸。

a26

ずわい蟹。

a27

河豚さし。

a28

お造り:日本海はすぐそこだけに。

a29

パルメイヤーがお似合い♪

a30

お祝いケーキ仕立て@出汁巻きエッグ。

a31

のどくろ。

a32

鯛かぶら蒸し。

a44

ご存知、ゆめや饅頭、中身は海胆たっぷり。

a33

新潟和牛と牛蒡の煮込み?

a34

シェフ御任せメニューは量が多すぎると思い標準をオーダーしましたが、

相方はもっと食べられたみたい。ワタシには丁度イイ量でしたが。

ごはん。

a35

記憶にございません。(笑)

a36

ばたんきゅー。

おはよーございます@ラウンジでこーしーを。

a37

この宿、母親世代に人気あるようで、おばちゃん率高し。

おそらく10対1くらいで、女性比が多い。よって大風呂はパスしました。

朝からごちやな。牡蠣グラタンってことは、

a38

やっぱ朝ビでしょ。ネット予約特典で無料でした。(嬉)

a39

とろとろ湯葉~あったまる。

a40

カレイは傍で炭焼きしてくれます。美味。

a41

ふーごちでした。安定した正統派旅館のお食事でありました。

が、前回雪の頃に訪れた印象では、お魚類が更にパワフルだった記憶あり。

a42

癒しの宿は沁みるね。

全くキャラの異なる宿のハシゴ、新潟おもしろかったなぁ。

a43

えちごビアを飲みつつ、ゆめやさんの用意してくれた弁当をたいらげ、

お次のお宿へ。

☆豊穣なる実りの秋、どちらさんもイイ旅を!

a13

<続>

ゆめや 離れ舎

相方の好きな宿、15年振りに再訪です。

a01

本日は本館ではなく、

a02

数年前に出来た離れ。

a03

おざましますです。

a04

長いダイニングテーブル&キッチン。

a05

2階にも、

a06

小さな和室。

a07

下には和室と、

a08

落ち着くベッドルーム。

a09

床暖房の土間+暖炉。

a10

それでは外に。

a11

裏山の見える広い庭。

a12

裏山のトレッキングコースはなかなか難所だったけど、

最高のビューだったそう。(By 相方)

住めそうな感じ。屋根には芝とにじり草で緑化。

a13

デザインを担当した建築事務所のブログを見たら、

『オーナーから与えられたコンセプトイメージは、
孫が祖父母の昔の体験を聞きながら楽しく過ごせる、
3世代で利用出来る別荘の様な施設』だそうで、見事に成功してますね。

私だったら段差をつけず、畳の部屋をカウチのあるリビングにしてしまうけど、
これはこれでOK。家族でステイするには快適です。

温泉LOVE!

a14

24時間滔々と流れます。もったいないぞ。(笑)

a15

ふー極楽。

a16

ばななさんも離れが気に入り、ヘビーリピートのご様子。

そーいえばヨン様もオシノビで泊まられたそうな・・・。

a17

居心地の良い空間でまったり至福の時。

ニッポンの至極は温泉にあり。

<続>

呑み会@感謝祭り

とてもよく晴れたサンクスギビング。

a01

相方格闘ちう。

a02

解体終了。日本のタラバ:あま~うま~カンゲキ♪ 半分は焼き蟹に。

a05

とりあえずかんぺー。

a06

アテ3種。

a07

スカロップ柚子胡椒マリネ。

a08

とろとろ湯葉ムース&海胆コンソメジェロのっけ。

a09

アンキモ。

a10

アテ2種:出汁漬けイクラ小丼。

a11

おいしー新潟の肉味噌。

a12

リブアイ&大根のワイン煮は、干し葡萄がアクセント。

a13

くっくぱっどの奥様レシピからインスパイア。

野菜&肉以外は全て築地から。

正月みたいだな。(笑)

a14

〆はにゅうめん。(写真ない)

今日も晴れるよ。

a15

ALOHA!

感謝祭

アメリカの正月4日間の始まりだ。

今週だけで4650万人の国民が大陸移動し、

ひたすら食っちゃ寝で毎日4500Kカロリー摂り、

今週だけで平均2~3KG太るんだと。

****

車が通らない、静かな朝。

人っ子一人居ません。

a57

さて準備ちう@ターキー嫌いなメンバーの単なる飲み会。(笑)

a60

アテはジャパン直送海の幸~♪不味いわけないっしょ。

a61

ぼなぺていっと。

a55

既にブラックフライデーは始まってる模様にて、徹夜で並んでる輩も・・・あほやな。

そんじゃ素敵なサンクスギビングを。

☆参戦する?!
http://www.mo-hawaii.com/category/joshi/joshitteru/66499

before thanksgiving

明日はアメリカ三大祭りのサンクスギビング。

レストランも小売も一斉に閉まり街から人が消える。

昨日今日と、さぞかしスーパーはクレイジーな賑わいであることだろう。

ターキー焼かないし、今年はなんもせんよーって宣言してるから楽勝と思ってたら、

いきなり相方から連絡あり、一方的にがちゃんっと切られた。

「来たいって言うから招んだでー、いつものご飯でえーから」ですと・・・。

みんな夕食難民になるのが怖くて、どっかの家に潜りこむ作戦なんだよね。

ふつーの居酒屋メニューでおもてなし。(笑)

家にあるもん並べたろーっ。

a54

きーんと秋空、今日も晴れるよ。

a53

今年も終わりだね。

振り返ると何一つ嫌な事が無い11ヶ月であった。

忘れたのか、心配事や不安なこと、哀しい思いが全く浮かばない。

しゃーわせな1年なんだろか。

それとも自分がアホなだけだろか?

そー言えばワタシの口癖なんだが、

「アメリカの学生生活で一度も嫌な事がなかった」と話すと、

こっちに居るほぼ全ての人から「それ、おかしい」って返される。

そうなの?やっぱ、自分がアレなんだな。鈍感なだけかも。

全ての恵みに感謝。

Have A Great Thanksgiving!

ALOHA

ミリオンダラー・ベイビー

いっつもアメリカでは保険保険保険は大事!と、

耳にタコが出来るほど騒いでる我々であるが、

現在全米を震撼させているハワイのネタをぶちかましましょう。

☆まずは詳細はこちらを読んでね。

http://www.mo-hawaii.com/news/2014-11-21/74360.html

ひーこえーっ。クレイジーOMG!!!

以下内訳:

baby’s hospital stay $600,000

mother’s hospital stay $161,000

air ambulance flight $44,000

specialist fee $57,000

padiologist fee $10,000

_________________________________________________________-

Total $950,000

本日のレートで計算すると、日本円で1億1210万円だよ!!!!

アメリカの自己破産者の半数は、莫大な医療費によるものと言われている。

年収20万ドルでも支払えない。

日本からハワイに遊びに来る際は、保険加入は必須。

そこ絶対にけちってはダメ。

盲腸で300万円、ちょっと手術したら1000万円とかいっちゃう。

ハワイに遊びに来て脳梗塞で2週間入院したら3000万円請求なんてケースはザラ。

オバマケアの恩恵で我々の保険料は半額になったわけだが、

それでも毎月夫婦で$1000(本日レートで118000円なり)以上っていうと、

大抵のニッポンジンはのけぞる。

以前は4年間で1000万円支払ってた。

さて高額保険料を支払う為に今日も仕事するわ。

☆最近検索で「ハワイ 平均年収」「ハワイ 移住」でこのブログに辿り着く人多い。

皆さん興味深々なのかな。

昨年のホノルル市の一世帯辺りの平均年収は$84,000(本日レートで990万円)。

これが4人家族のギリラインで余裕なし。

これだと子供を私立校に通わせるのは無理だと皆が言う。

15万ドルくらいで保険料無しなら、贅沢は出来ないがなんとかなるかも。

住居、教育、食費等々全て高いので、ハワイは共稼ぎの家が多い。

日本から退職金3000万円持って来てハワイで質素に暮らした夫婦が、

3年待たずに使い果たしたなんて話あるけど、フツーにありえる。

Good Luck & ALOHA!

http://www.cbc.ca/news/canada/saskatoon/jennifer-huculak-kimmel-s-1m-baby-bill-denied-by-saskatchewan-blue-cross-1.2847097

楽しいポンシュ館

田舎な無人駅から2駅、目指すは越後湯沢。

a01

何故におっさん不気味な笑い、職質されるぜ。

駅構内の日本酒館、噂には聞いてたけど驚きの充実っぷり♪

相変わらず芸が細かい。(笑)

a02

オツマミとか欲しいもんテンコ盛りで、新幹線の駅ではトップ5に入るね。

わーすごー、試飲するべ。

a03

豊富すぎて迷う。ワタシの好きな「鄙願」がランクイン外なのは何故?

a04

500円で5杯可能。

a05

アテは90種類の塩。シブイな。

a06

それでは次なる酒蔵を求めて移動。

a08

いやー呑んべーに新潟は最高。

タクシードライバーが「ここらの人達は寒梅なんか飲まんよ」って言ってたけど、本当?

こら贅沢者めがー。

<続>

里山ごはん

ディナーは雰囲気のある個室でいただきました。

a37

オーガニックで丁寧なお皿が続きます。

a38

焼きカブ。

a39

茄子のお寿司。

a40

かぶらの含め煮。

a41

へぎ蕎麦パスタ。

a42

ローストビーフ。

a43

かぶらの取り合わせ。

a44

もちぶた杉のスモーク。

a45

デザート。

a46

いつものワインがありえないくらいに埃っぽく情けない味になってしまい、

グラスもデカンタも長らく使用してないand/orきちんと清潔に保たれてないと想像。

a47

立派なワインリスト(オーガニックに偏ったセレクションだが)もあるから、ちょいと油断しました。

大きなダイニングスペースもありますが、

a48

朝食も同じお部屋で。

a49

山の幸色々。

a50

いわしの生姜煮等々。

a52

一番のご馳走は魚沼の新米。

a51

器もセンスあって素敵です。

どなたかのコメントで「ご馳走を食べ飽きた人が喜ぶ料理」とありましたが、まさにそんな感じ。

*******

さて夕食時に気になる事があり、担当スタッフに告げました。

すると淡々と開き直りの対応で、

接客の研修を受けてないのかな?と訝ったものの、

おそらく上から言われているのではないかな。

うちは他とは違うから、そこまでしなくてイイって。

a53

笑顔でもなく、無愛想というのでもなく、非常に淡々としている。

謝るわけでも、受け入れるわけでもなく、自分達のスタイルを貫く。

そこら辺がどっかの宗教がらみの宿に迷いこんだという印象で、

違和感はチェックアウトまで続いたわけだが、

どうやら我々が間違った場所に行ってしまったらしいと、今ならわかる。

実際に行かれた方のブログを拝見すると、「さすが自遊人」というフレーズを見かけるけど、

そのコンセプトを理解していない私達にとっては猫に小判?豚に真珠?

隅々まで誰かの美意識によって創られた宿という事だけはわかりますが。

a54

村上春樹さんが自分の店を持っていた頃の話を思い出す。

「強力なリピーターが10人中2人居ればその店は残る」って書かれてたけど、

ここもそんな感じなんだろうか。

行き尽くして十分知ったつもりでいましたが、

日本にはまだまだ知らない宿がありそうです。

とりあえず〆。

里山風呂

杉の香りが心地よい回廊を抜けて、待望のお風呂に。

a30

おそらくこの宿を訪れる客の全てが、

この風呂の写真を見て目指して来たと思われる。

a32

イメージより小ぶりだけどイイ感じ。

a31

とろとろ~っと、しっとり湯質も#5に入るくらい好き。

a33

岩風呂も温度もばっちりで、ずっと入っていたくなる。

a34

この宿も女性比がやたら高くて、この日も男性客は3名だけ。

入れ替え制だけど、そこらが気になるね。

a35

里山ビューを見つつ、気を静めるワタシ。(笑)

a36

ワタシはやらかしてしまったんだわ。

素っ裸になった時点で、やべタオル忘れた~と。

気取るわけじゃないけど、部屋からタオル持参で大風呂入るなんて長らく記憶に無いし、

たっぷり雪白タオル積み上げる宿なんて、別に高級じゃなくても今や当たり前だしょ。

思うに、この価格帯でタオル無しって珍しい。

この辺りから、もやもや~っと暗雲立ちこめ気味。

が、今なら理解する。ここは稀有なる客に媚びない宿なのだ。

そのきりっと徹底した一貫性にはリスペクト。

客が店を選ぶのではなく、店が客を定める。

サービス業の端くれとして、その根拠ある自信、見習いたい。(いやホント)

<続>