日々旅暮らし

ほろほろ旅人生・島暮らし

別邸 洛邑

夕食は貸し切り。(スタッフの方が多くて恐縮)

本鮪のたたき。

若干塩気がキツイのは漁師町だから?

魚介類のサラダ仕立て。

カジュアルなモンタルチーノ。

フォアグラとリードヴォー。

ちょっと残してしまいました。

本日の魚と伊勢海老ポアレ。

静岡育ちの和牛。

さすがにお腹いっぱいです。

お部屋にはチーズとワイン。

さすがにギブ。お休みなさいませ。

おはよーさんです。

朝も貸し切り。

たっぷりサラダ。

オムレツに餡が。

都会的な洗練とは違うけど、各スタッフが頑張っていて好印象。

13時チェックインだから長く滞在した感じです。

久々の下田泊で引っ張りました。

海街から2時間余りの旅、懐かしく思い出に浸りエンジョイしました。

GW後の誰も居ないビーチは天候に恵まれ最高で、今後も日本各地の海を探訪する予定のリタイア夫婦です。

Rakuyu

宜しければ特別室へどうぞと言うことで、勿論快諾でお引越し。一応押さえます。(笑)

通常ルームの2倍はありそう。

和室・未使用。

お風呂は更に大きく感じました。

Nさんも浸かったかしらと妄想。(ミーハー)


広々ラナイからプールは見えません。

嘗て某企業の保養所だったそうで、

清潔感は保っていますが築年数が古いのは否めません。

が、このロケーションに惚れ込んで購入したと言う、

オーナー氏の気持ちはわかります。

伊豆半島では希少なオンザビーチでトントン海。

Location, Location & Location

静岡もイイな~。(ぼそ)そうだね~温泉・海・魚と我々の大好物が満載。

まあボチボチ探します。

spa resort Rakuyu

今回は2種類のお部屋を試せました。

最初は通常の和洋室でした。

和室・未使用。

寝湯・未使用。

ラナイに風呂+チェア。

さらっと無味無臭なのに滑らか掛け流し。

からのプールビュー。

ガラス越しオーシャンビュー。

乾杯♪

次のお部屋は、憧れの方も入ったであろう・・・きゃーっ。(ミーハー)

グッドモーニング外浦

おはよーさんです。

朝陽とともに走る人。

崖にへばりつくようなお宿。

ワタシはラナイで熱い紅茶。

からの極楽朝風呂。

まだまだ走る人。

オジサンガンバレ。

日本の5月は紫外線キツ目。

注:日焼け。(クロマスクコワイ)

この時期海で泳ぐのは相方と白人家族のみ。

おそらく寒い国から訪れたのではと予想。

今日も晴れるよ。

グッドラック!

漁師町でランチ

ちょっと早目に到着したので、駅真ん前のお店に。

貸し切り状態で、おつ~。

ワタシは漁師マカナイ丼。

相方は下田名物キンメ丼。

っつか、デカ過ぎっ。通常の3倍はあります。

帰りは老舗のウナギ屋さんに送っていただき。

タレさっぱり目、いただきました。

個人的にはもう少し身厚ふっくらが好みですが、こちらのスタイルも人気の模様。

GW後はお土産屋さんも閑散。

踊り子号も貸し切り。

「もうグリーンに乗る必要無いよ」ですって。ケチ!

独り海開き

最高気温24度&水温は20度。

プライベートビーチ状態を偵察ちう。

さすがにウエット無しでは無理@伊豆半島5月上旬。


が、しかし、ガマン出来ず入水した模様。

カンレキオジサンシンゾウマヒコワイヨ。

海のモズクいや藻屑と消え、あ見つけた。

無事生還。「ハワイのめちゃくちゃ天気悪い冬くらいの冷たさ」だそうです、ハイ。

そー言えば相方が日本の海で泳ぐ姿を初めて見ました。

いつも海ばかり見てるから、旅は川と山にしてとリクエストあり、沖縄も避けてました。

からのサウナ。下に見えるのはジャグジで、この日は貸し切りで他にゲスト無。

からのプール。(温水ではありません)

からの温泉。GWは満室だったそうですが、誰も居ない海&宿LOVE!

「透明度があってラナイ島くらいキレイ」(だそうです)


外浦は父が気に入り幼い頃に家族でひと夏過ごした思い出のエリアで、

半世紀振りに訪れ、こんな美ビーチだったのかと今更ながらに。


懐かしすぎて涙ちょちょぎれましたとさ。

界 仙石原

おはよーさん@爽やか快晴。

ラナイでコーヒーをいただき、


朝風呂~。

相方は大風呂へ。

一応押さえます。(笑)

朝食の時間です。

自然薯パンケーキ。


朝食は軽め・白米旨し。


ラウンジでお茶をいただきチェックアウト。

若いスタッフが爽やかな対応で頑張ってる姿はイイね。

近くの金谷がしっとりカップル仕様だとすると、

こちらは明るく軽やかで女性同士に人気の模様。

1時間ちょっとで気軽に行ける安定の温泉リゾート。

箱根は春夏秋冬ベストシーズンです!

dinner @ KAI sengokuhara

キレイな女性スタッフに誘導され夕食です。

☆のさんの処は日本全国スレンダーな美人さん揃い。(ホント)

半個室の食事処。

ずらりお品書き。

オツ~。

温泉スモーク感満載。

先付け・サーモン瞬間燻製。

桜餅の海老射込み。

立体的な宝楽盛り・お造り・蟹三杯酢等々。

揚げ物・白魚・野菜

椀もの・金目鯛と湯葉

土鍋ごはん


香の物。


デザートで〆。

☆のさんの夕食はどうかな~と若干不安でしたが、

「悪くないよ」(BY相方)だそうで一安心。

ワインリストは貧弱なのが少々残念でしたが、総じて気持ち良いサーブで美味しくいただきました。

hoshino resort sengokuhara

植樹が新しいアプローチ。


新館は本館から離れてます。


ホリゾンタル強調のすっきりフロアプランは100平米より広く感じます。

ローベッド。

長いカウチ、奥に小さなデスク。

山ビュー。

長いラナイ。

長い湯船&ベンチ。

自然光が気持ちイイWシンク。

からの山ビュー。

大涌谷から引いている循環だそうで、

淡い白濁湯はさらっとしてるのにツルツルに。

とろとろ長湯で極楽。

温度調整はフロント管理で41度はぬるかったので、私達は熱め44度セットで適温でした。


インバウンドのツーリストが喜びそうな部屋だね。(BY相方)

星野さんは妙な色気を排除して明るいから、母娘や女同士の旅にイイね。

before GW

大使館のアポがアサイチだったので、

当然の如くオークラ前泊でと予約を入れたら不満気な相方でした。

いわく、プールやフィットネスの独特な雰囲気が苦手だそう。

うーん、なんか言いたい事わかりますわ。

で、「何処か新しい外資にして」とのリクエストで大手町に初泊まり。

リタイア夫婦は下から2番目のランクの部屋を予約しましたが大満足。

久々の高級ホテルの空気だ。(BY相方)えっE____n泊まったじゃん。

トータルデゼンゼンカクチガウソウデ、ハイ。

お客心をくすぐるテクは御健在。

貸し切りプール&フィットネスに御満悦。

すっかり気に入り「トーキョーのホテルで一番好き」だそうです、ハイ。

密と無縁のスシバーを予約していただき。

グルマン友人と乾杯。

おっと、大事なミッションを忘れるべからず。

在日米国大使館は30年振りですが、ものものしい警備で関所が4か所。

開館が午前8時で指定アポが8時15分はギリギリで若干焦る。

緊張して30分前に着いて館前の先頭に並びました。(トイレ行きたくてガマンしたよ!)

やっぱオークラ泊にすべきだったと後悔したよ!

無事ゲット。これってアレですよね、

正々堂々(?)2年間温泉行脚してイイってパスポートですよね。違うか。

アプライした昨年8月はトランプさん移民排除出てけ~って全開だったけど、

バイデンさんは180度転換で移民さんいらっしゃ~いって歓迎モードで、

アメリカって本当に大統領次第でガラリと政策変わって面白いね。

マジな話、GC取りたい人は当分チャンスでしょう。

オバマさんの時もGC取るの易しくこぞってアプライした友人知人多かったから、

今年も増えると予想します。

さあ都会を出よう。旅情をくすぐるトーキョーステーション。

ちょいと寄り道。

海街から1時間ちょいの県内温泉。っつか、お風呂でかっ。

ずっと気になっていた部屋、この日だけポツンと空いていてラッキー。


風薫る新緑のシーズンLOVE。

GWは大人しく海街で過ごします。(ホント)