日々旅暮らし

ほろほろ旅人生・島暮らし

The City in the Deep Sea

高気圧に覆われた日本列島、新幹線に飛び乗り大阪フェスティバルホールへ。

深海の街ツアー、思いがけず抽選に当たってしまいました。

博多や札幌くらい迄なら追っかけ飛ぶつもりでしたが、

ユーミン様のコンサートはなんと高校生以来・パールピアスの頃。

ファンの平均年齢は当然高めです。(笑)

雨の街を~飛行機雲で涙を拭ってる人多かったわ。

フェイスシールドの下にハンカチをあてるのって難しいのよ。

ユーミン姐さん、22曲連続歌って踊って・めっさパワフル、50周年!

カンドー冷めやらず、二人打ち上げ。

アテは蛸焼き~。

今日もイイ1日でした。

もう思い残す事はございません。(ホント)

ぐんないっ。

にしても、なんて便利なロケーションのホテル@コンサート会場の真ん前徒歩30秒。

W OSAKA

京都では目移りする程迷いましたが、大阪はそそるホテルが無く悩みました。

で、ロケーションに惹かれネタで泊まってみました。

エントランスから攻めてるね。

スノーマン?

40平米のスタンダードツイン。

カウンターバー@場末っぽいチープ感はわざと?

全然ANDOぽくない、若い人にやらせたのかな?

シングルシンク。

オープンバス。


クロゼット。

至ってふつーの寝心地だけと落ち着かないなぁ。

高級ラ*ホって呼ばれてるらし~で~。

あ、↑これが噂のカップルズキット。遊んでるねW。

スパはヨカッタです。

意外とは言ってはナンだが、スタッフの対応は高級ホテルのそれで、

強気な料金設定でした。



京都~大阪~尾道の旅、同じ日本かってくらい違っていて飽きない。

西はおもろい、ユニーク、メデタシ。

PS>国内で未踏なのは、滋賀・鳥取・島根・高知・宮崎。来年行けるかな~。

ふらふら大阪

ホテルから徒歩圏内、相方の旧友推し店で待ち合わせ。

久々におつ~。

お通し:ミルク豆腐。

ピーマンお浸し。旅の前後がご馳走攻めなので普通の食事がほっとする。

オイスター、塩辛。

貝柱ぽてさら。

さし盛り。

もずく。

温野菜。

つくね。

とりから。

山芋ふらい。

おつけもん。

思いつくままオーダーしたけど全部丁寧で美味でした。

大阪居酒屋レベル高し。

なんか異国に居るみたい。(アウェー感半端ない)

旧友が会員制バーに連れていってくれました。

みんながんばってはるなあ~。(言葉おかしい?)

元気もろたで~グッドラック。

初冬の大阪

12月だと言うのに最高気温19度でコート要らず。

グッドモーニングオーサカ。

朝からタコヤキ?

緑爽やかコートヤード。

朝夕泳ぎっぱで相方すっかり御満悦@ギラギラプール。

フロント@ぴかぴかっ。

ツリーもネオンちかちかっ。

やりすぎーっ。(笑)

By ANDO監修ってホンマ?

エネルギーもってかれる~。オオサカ元気過ぎっ。

シャー。

楽しいけど、やっぱ疲れた~。

体調悪い時とか街歩けない。(マジ)

Hotel The Mitsui Kyoto (2)

張り切ってアサンポして、

腹ペコで御帰館。

朝食付きプランでした。

ガーデンビューのお席。

朝からご馳走~丁寧にこさえてあります。

外席も気持ちよさげ。

13時チェックアウトなのでサーマルスプリングに浸かり、

折角なのでランチもいただきました。

ぴかぴか鉄板カウンター。

ホテルクレジット利用で、

軽く松花堂弁当だと想像していましたが、

和の匠と、

フレンチのコラボだそうで。

ステーキまで付いて御立派。

日本的なプチデザートも。

なんのお祝いでしょ。(笑)

最後の最後まで至れり尽くせりパーフェクト。

PS>夜の料亭も素敵でした。

京都では朝から晩まで食欲旺盛にて少々反省。

Hotel The Mitsui Kyoto

京都のホテル選びは二転三転しました。

最初は叔母宅徒歩圏内のアマン一択でしたが、

開業したばかりのROKU KYOTOの温泉プールに惹かれ変更し、

ふふもイイな~と浮気心でふらっとなり、PHは友人の感想を聞き却下、

ワタシ推しのWestin 佳水園は予算オーバー、

で、利便性と割引4万円+ホテルクーポン2万円の太っ腹に釣られ三井に決定。

三井家ゆかり@二条城隣接地。


しっとり空気感が漂うフロント。

既に外資とくっきり違います。

インバウンド好みのTorii Gates。

スタンダードなガーデンビュー。

というか、コートヤードビュー。

50平米程度だと思いますが、すっきりまとまり。

お着き菓子3種。

蓬色グラデーションが優しく、使い勝手宜しいフロアプラン。

Wシンク。

至極快適なサーマルスプリングが在るので、ほぼ使用しなかったバス。

いやはや日系ホテルのレベルの高さに恐れ入る。

若いスタッフ達の爽やかで優雅な所作・細やかで的確な素早い対応・ゲストとの程よい距離感・緊張感。

高みを目指し何処までいってしまうの~と、

「ニッポンのサービス業すげーな」とオッサンも唸る夜の庭。

ワタシ的にも今まで泊まったホテルを思い出すに、京都随一だと確信。

いや違うわ、ここは旅館。

ハワイの日系ローカルのオジサマ達(訪日したくて発狂寸前)に推薦決定です。

雅な着物姿のスタッフにうっとりする事でしょう。

YONEMURA KYOTO

シンセキのお姉様がDinnerに連れて行ってくれました。

新門前に移ってからは初めてです。

1階のカウンターが人気ですが今回は2階個室を貸し切り。

CAワインも良心的プライス。

高台寺店LOVEで米村ファンの相方は期待大にて。

さあ存分に積もる話を語りましょう。(笑)

友人達から「どうだった?」とラインあったので、だだっといきますね。

泡にお似合いの前菜:イカ墨リゾット・白海老・ブリオッシュなど。

女子のハート鷲掴み、のっけから調子出ちゃうね。

蛤グラタン+椎茸のお好みやき。

ヒラメ・鮪・カマスのカルパッチョ。市松のお皿が小粋。

米村氏登場。

松葉蟹のクリームコロッケ・すっぽんスープ。

もずく酢。

甘鯛・蕪ステーキ。

香箱蟹冷パスタ。

黒毛和牛、蕩けます。

いつも思うけど、京都って肉旨いよね。


私はジャコ飯。

相方はお馴染〆カレー。

からのデザート@1人前ボックス。

紅葉シーズンは(歩くから)ボリューム出すようにしていると、

米村氏が以前おっしゃっていたのを思い出しました。

米村ワールド全開、すっかり御馳走様でした。

高台寺店はカジュアルで活気がありましたが、トータルで新門前に軍配。

はあ大満足。

ふらふら~っ、ばたんきゅー。


おやすみなさいませ。

初冬の京都

シンセキの叔母さまにご挨拶したいと、珍しく相方リクエストで京都泊。


南禅寺にアサンポ。

12月上旬で紅葉は期待してませんでしたが、

思いがけずステキで得した気分。

すっかり盛りは過ぎ去り

お名残り惜しく今年も終了。

あえて11月下旬の見頃は激込みなので避けましたが、

清水寺は早朝から修学旅行生100万人で諦めて退散。

ニッポン観光地は何処もツーリスト増えた模様。

御所別墅

お夕食の時間です。

今回は4名なので個室。

ガラリと変化したメニュー構成。

愛・健康・自由・お金に乾杯。(笑)

焼き胡麻豆腐。

楽しい組肴色々。

茸土瓶蒸し。

戻り鰹サラダ仕立て。

鰆味噌葱焼き。

鱧真丈。

但馬玄ランプ網焼。

土鍋ご飯で〆。

パンナコッタ&チョコアイス。

料理長さん変わったのかな?(ぼそ)

おはよーさんです。

朝食は昨年とほぼ同じ。

美味しいおぱん。

姫路に寄るBABA達と別れ我々は九州に向かいましたとさ。

この上なく好天に恵まれた大阪~有馬、楽しい思い出作りの旅でした。

have a nice trip!

有馬山叢 御所別墅

有馬Gホテルのプール付の部屋を予約したところ、

直前になって相方がキャンセル希望。

で、昨年同様こちらに再訪。

ひっそり静かな環境にBABA達も気に入った模様。

私たちの部屋は偶然だと思うけど昨年と全く同じで、

BABA達はレストランに近くてインテリアも若干違ってた。

お疲れのご様子。

でも、さくっとお出かけ。

中心地に在る本館に寄り道。

レトロなコタツがキュートなロビーエリア。

相方徘徊。

地ビール所望。

のんべーってイヤね。(笑)

迷路のような路地は魅力的、有馬温泉はガイジンに人気あるねー。