日々旅暮らし

ほろほろ旅人生・島暮らし

2021 お宿備忘録

宿ブロガーさん達に倣い今年のベスト10を選ぼうとしたけど、

絞れなかったのでダダっと行きます。

年末にお暇な方はどうぞ~。

閑過ぎるワタシは皆さんの旅ブログを拝見して悦に入り、

御馳走が溢れ選り取り見取りの日本の暮れ、クラクラ眩暈します。(笑)

DEC 2020 ニッポン旅スゴロクは虎ノ門から~。

突如・箱根へ。

もはや定宿:冬&春スキー。

初・茨城@鮟鱇。


日本でもっとも訪れたスキー宿@2021春。


雪国ガストロノミー。

下町@両国(1)。

下町@浅草(2)。

定宿になりそうな予感・大手町。

大風呂に惹かれて箱根。


オリンピック直前@信濃町。


横浜も通いました。

居心地宜しく再訪@友人のワンちゃん部屋。

初夏の上高地。


軽井沢。

御代田。

久々の下田。

初・奄美。(1)

台風で飛行機飛ばず延泊。(2)


御近所リゾート。


念願・小豆島。

誕生日@徳島。

大手町再訪。

新しくてレトロな日光。

初・千葉温泉。

初冬の京都。

大阪。

檸檬島。

記憶に新しい〆旅。

春夏秋冬・どれも心に残る宿でした。


海外旅行用に貯めておいた相方のUAマイレージを利用してANAにお世話になりました。

先ほどのニュースによれば、年末年始はコロナ以前の70%まで回復だそうな。

どちら様もイイ旅を!

続・リタイア夫婦のシニア旅、来年はインスタにて。

Izu Hotel Resort & Spa-4

温泉宿では珍しい広々ラウンジ。

アルコールサービスは午後2時から。

気持良いラナイ。

遠く島々を臨む。

混雑と無縁の余裕空間。

12月下旬で紅葉が残っていました。

ラウンジ真上のお風呂。

ここの立ち湯は素晴らしく、深くて溺れそう。(笑)

人気の理由がわかりました。

トータルでイイ宿でした。

これにて2021温泉行脚は〆。

今年は「飲食・宿泊・海街」の3ネタのみでしたが、

延々とお付き合いいただきありがとうございました。

どちら様も2022年もイイ旅を!

PS>年末年始・国内旅行が大人気なので、私達は地元でマッタリします。

Izu Hotel Resort & Spa-3

今朝妹からラインで「ご飯どうだった?」と訊かれたので、

和食カウンター或いはステーキをお薦めしますと答えました。

私たちは当日予約でスタンダードフレンチ一択でしたので、

正直なところ若干後悔した模様。

塩鰹のシュー。

金目鯛のマリネ。

地鶏スープ&緑茶パスタ。

海老アンサンブル。

黒毛和牛赤ワイン蒸し。

ココナッツ・ブランマンジェ。


記憶に乏しく舌に残らないテイストでした。

褒めているリピーターも少なく無いので、味覚は人それぞれってことで。

おはよーさんです。

朝食はあまり力を入れてないみたい。


朝シャン(スパークリング)に免じて。

おまけ:ベーカリー&テーブルも併設。

足湯カウンター。

東府屋さん同様ドライブ途中に寄るお客さんが多いらしく、

焼きカレーパンの売れ行きは上々のようでした。

Izu Hotel Resort & Spa -2

グッドモーニング大島。

からの朝風呂~。

お部屋は至ってフツー@60平米。

若干狭く感じますが見慣れたフロアプラン。

Wシンク。

デイベッド。

東館の端っこで西館の大風呂に遠い位置。

当日予約でテキトーに選んだ部屋でした。

Izu Hotel Resort & Spa

クリスマス前倒し@踊り子号利用でウチから2時間の近場リゾート。

※ちなみにイブ&クリスマス及び年末年始は目ぼしい旅館は全て満室、

今年は皆さんGOTO無くてもお出かけモードにて。

(ニュースで見たけど「リベンジ消費」~$$使いたくてウズウズしてる輩多い模様。

デパートの高額商品の売れ行きも好調だそうな。)

正面に大島を臨む。

コジンマリのロビーは、どなたかのお邸のよう。

ハワイロアリッジ辺りにありそうなお家。(BY相方)確かに。

伊豆の山々。

レストラン棟と足湯バーを見下ろして。

さすがに冬季利用者は相方のみでした。

それではお部屋に。

部屋棟を結ぶ回廊@懐かしい感じでデジャブ感満載。

ゲストは赤倉ファンが多いようで、もちろん我々も例外ではなく。

ついつい比べてしまうよね。(赤倉のいつもの部屋は3月まで空き無しキャンセル待ち多数!)

HAPPY HOLIDAYS

おはよーさん。

小舟がゆらゆら~@キラキラ天使の梯子。

神々しく水盤に映る朝雲。

遠く島々を臨むラナイ。

メリークリスマス。

おまけ:昨年のクリスマススキーと同じケーキ、旅ブロガーさんには一目瞭然。。(笑)

どちら様も大切な人と暖かいホリデーシーズンを。

W OSAKA

京都では目移りする程迷いましたが、大阪はそそるホテルが無く悩みました。

で、ロケーションに惹かれネタで泊まってみました。

エントランスから攻めてるね。

スノーマン?

40平米のスタンダードツイン。

カウンターバー@場末っぽいチープ感はわざと?

全然ANDOぽくない、若い人にやらせたのかな?

シングルシンク。

オープンバス。


クロゼット。

至ってふつーの寝心地だけと落ち着かないなぁ。

高級ラ*ホって呼ばれてるらし~で~。

あ、↑これが噂のカップルズキット。遊んでるねW。

スパはヨカッタです。

意外とは言ってはナンだが、スタッフの対応は高級ホテルのそれで、

強気な料金設定でした。



京都~大阪~尾道の旅、同じ日本かってくらい違っていて飽きない。

西はおもろい、ユニーク、メデタシ。

PS>国内で未踏なのは、滋賀・鳥取・島根・高知・宮崎。来年行けるかな~。

ふらふら大阪

ホテルから徒歩圏内、相方の旧友推し店で待ち合わせ。

久々におつ~。

お通し:ミルク豆腐。

ピーマンお浸し。旅の前後がご馳走攻めなので普通の食事がほっとする。

オイスター、塩辛。

貝柱ぽてさら。

さし盛り。

もずく。

温野菜。

つくね。

とりから。

山芋ふらい。

おつけもん。

思いつくままオーダーしたけど全部丁寧で美味でした。

大阪居酒屋レベル高し。

なんか異国に居るみたい。(アウェー感半端ない)

旧友が会員制バーに連れていってくれました。

みんながんばってはるなあ~。(言葉おかしい?)

元気もろたで~グッドラック。

初冬の大阪

12月だと言うのに最高気温19度でコート要らず。

グッドモーニングオーサカ。

朝からタコヤキ?

緑爽やかコートヤード。

朝夕泳ぎっぱで相方すっかり御満悦@ギラギラプール。

フロント@ぴかぴかっ。

ツリーもネオンちかちかっ。

やりすぎーっ。(笑)

By ANDO監修ってホンマ?

エネルギーもってかれる~。オオサカ元気過ぎっ。

シャー。

楽しいけど、やっぱ疲れた~。

体調悪い時とか街歩けない。(マジ)

Hotel The Mitsui Kyoto (2)

張り切ってアサンポして、

腹ペコで御帰館。

朝食付きプランでした。

ガーデンビューのお席。

朝からご馳走~丁寧にこさえてあります。

外席も気持ちよさげ。

13時チェックアウトなのでサーマルスプリングに浸かり、

折角なのでランチもいただきました。

ぴかぴか鉄板カウンター。

ホテルクレジット利用で、

軽く松花堂弁当だと想像していましたが、

和の匠と、

フレンチのコラボだそうで。

ステーキまで付いて御立派。

日本的なプチデザートも。

なんのお祝いでしょ。(笑)

最後の最後まで至れり尽くせりパーフェクト。

PS>夜の料亭も素敵でした。

京都では朝から晩まで食欲旺盛にて少々反省。