日々旅暮らし

ほろほろ旅人生・島暮らし

森のオーベルジュ

モダンな別荘風。


1階はこじんまりの和室。

チャーミングな茶室。

縁側森ビュー。

バスルームは2か所。

もちろんかけ流し。

緑眩しい階段周り。

ぐるり四方をラナイで囲まれ。

緑の浮遊感。

紅葉が見事な頃は予約いっぱいで諦めた経緯あり。

くったり感のカウチ。

冷蔵庫の中もコンプリにて、

もちろん戴きました。

オーナーご夫婦の心が伝わる小さな美食の宿。

今更ながらに奥湯河原の静けさが好き💛落ち着きます。

お次は深秋に。

BOSCAGE kariya

海鮮オーベルジュでお夕食。

呑んべーさんが好みそうな小さなお皿が連打の構成です。

伊勢海老フリット・ブイヤベース。

本日の仕入れ。

ずわい蟹しゃぶしゃぶ仕立て。

鰻生春巻き。

蛤小鍋。

牛・牡蠣・雲丹クリームソース。

鮎餡かけ・おこげ。

地魚カルパッチョ。

とり貝・トリッパ風ソース。

甘鯛松笹焼きサンド。

海鮮丼。

ふーさすがにギブ。(笑)

地の物を手を変え品を変え飽きさせない創作料理、

全体的にぱきっとしたテイストなのでワインにも日本酒にもお似合い。

おやすみなさいませ~。

アサンポでカロリー消費。

おはよーさんです。

もろみ酢で食欲回復。

おおっ朝から伊勢海老。

朝ワインしたくなる朝食だね。(BY相方)

コーヒーはテラスで。

ハワイでは食欲不振でするするっと3KG落とし小躍りしてたけど、

日本ではあっと言う間に戻りましたとさ。

美味しいニッポンでダイエットは無理です。(キッパリ)

アサンポ万葉公園

グッドモーニング森ヴィラ。

独りアサンポ済みですが、

アサイチは誰も居なくて滝音のみ響き。

気持ちイイ渓流沿い。

マイナスイオンたっぷり。


近場の県内ショートトリップ、意外に新鮮。



ずっと前に蛍を見に来たエリアが整備されてキレイになってました。


足湯も新設。


~からの森風呂@かけ流し。

~からの森シャン。

今年の6月はお天気イイね。梅雨は一体何処へ?

💛梅雨入りの奥湯河原。

The Capitol Hotel Tokyu -2

日枝神社の目と鼻の先と言うより、

ホテル内に神社を抱えているようなロケーション。

嘗て徳川さんの鎮守でしたか?

都会の喧騒と無縁で空気感もしっとり@山王の緑深し。

旧い記憶を辿るとリノベ以前に宿泊した事を思い出しました。

(ヒルトンから東急に移行する時だから随分昔ですが)

オリガミ懐かしいですね。

チェックインはラウンジで。


お着き泡から~。

お着き菓子・美味しい。

イブニングもたっぷり戴き、

本日のブイヤベースも。

至れり尽くせり。

「東京一のラウンジ」スタッフが素晴らしい(BY相方)そうです、ハイ。

木目細やかで温かみがあって距離感が絶妙で、なんだろこの寛がせ感。

日系ホテルに通じる旅館のようなオモテナシ。

グッドモーニング・キャピトル。

朝風呂からの~

一番乗り@絶賛時差ぼけちう。


ポタージュ、丁寧にこさえてあります。


白米・味噌汁・焼き魚セットも追加オーダーしたのを白状します。

すっかり気に入り目いっぱいエンジョイした模様。

外資のような華やかさは無いけれど、とても落ち着く上質ホテル、

どうして今まで泊まらなかったの?と問われ戸惑うばかりなり。

The Capitol Hotel Tokyu

官邸ビューのお部屋@しっとり新緑・都会の風景。

当日予約のスタンダードルーム@クラブフロア。

旅館ちっくね。

45平米とこじんまりですが落ち着きます。

シングルシンク。

セパレート・バス・シャワー。

キャピトルビュー💛トーキョーLOVE

ここはスタッフが秀逸にて、もしや東京一かも知れない。

何故かご縁が無く開業12年にして初泊まり、

聞きしに勝る良いホテルです。

東京アサンポ

グッドモーニング・トーキョー@未だ時差ぼけ治らず午前3時起き。

相方の用事に便乗で東京泊です。

徒歩1分@至近の神社へ。


しーんと都会の森閑@午前6時。

一番乗りかと思いきや、

既に参拝客あり。

キュートな御狐さん。

緑豊かな山王@爽やかな梅雨前。

ワンダー空間トーキョー。

大好きジャパン魅力的💛落ち着くわぁ。


夜は独りだとびびりそうですが。


プール@午前6時30分オープンにて、

一番乗りオジサン頑張って。


サウナにジャグジと大好物をエンジョイする気満々の相方ですが、

ワタシは朝食をいただき午前8時にはチェックアウト、お先に海街に帰ります。

ところで6月ってこんなに爽やかな快適気候でしたか?

PS>駅もホテルも街もガイジンツーリスト増えましたね!

海外在住日本人もこぞってファミリーで日本をエンジョイ中。

水際措置緩和で6月1日から日本帰国後に検査なし・待機なしは効果絶大!

軽やかに往ったり来たりする日も意外に近いかも知れません。(望)

dinner @ Hiramatsu Sengokuhara

お待ちかねの夕食です。

我々がベストなブース席ってことは閑散期の恩恵か。

5月の御代田がぎちぎち賑やかだったので、静かなシーズンオフ感がイイね。

凍り付いた池ビュー。

食前酒を一杯。


相方チョイスのフレンチワイン。

カリフラワー・アオリイカ。

えっ生け花。トマト+クロケット。

オマール海老+クスクスリゾット+ビスク。

鮟鱇パスタ+鮟肝フリット。

ちりめんキャベツ・ホタテ。

小鳩のローストをフィレに変更していただき。

林檎タルト。

チョコはお好きなだけ。

いつも感心するけどサーブが完璧、

空気感・間・距離感、プロフェッショナルで恐れ入る。

以上スタンダードなイタリアンコースでした。

朝食はサイドの席で。

朝は和定がイイな(ぼそ)。

「朝からぎっとりスープも全然大丈夫」(BY相方)だそうです。

ちなみに食事でもっとも気に入ったのが熱海だけどお湯がイマイチで、

箱根は部屋・湯・食・サーブがトータルで◎とのこと。メデタシ。

The Hiramatsu Sengokuhara

室内風呂の丸見え感が苦手なので、あえてのレジデンス棟。

ひらまつさん拘りのソファや家具、座り心地は言わずもがな。

住めるね、住みたいねと呟く二人。

独立バスルーム。

ビュー無しですが落ち着きます。ちょろちょろ24時間かけ流し。

山ビュー・ベッドルーム。

デスクまわりも素敵。

貸し切り風呂を見下ろし。

深緑の頃に再訪希望。

ふ~生きててヨカッタ。(笑)

ひらまつ仙石原

☆2月27日:本日の海街地方の最高気温は16度で突如春!

ですが、私達が箱根を目指した2月中旬は大雪二日後。


坂道を歩くと

スタッフが駆け寄って来ました。

おざましますです。

homeyなエントランス。

サイズ感が落ち着くサロンで、

ウエルカムドリンクをいただき。

ミロ・シャガール・ピカソテンコ盛り。

ひらまつワールド始まり。

もしやhiramatsu4軒の中でもっとも好みかも知れない。(BY相方)

雪で予約取り消し多かったようで静かな滞在で尚宜し。

ホテル椿山荘東京

旧い写真は紛失してしまったので、忘備録お初です。

車寄せから昔の日本のホテルみたいだね(BY相方)。

浮ついたとこ皆無だね。

ゴールド+大理石階段が時代を感じます。

バンケットが入ると賑わうであろうラウンジ。

至極有能フロントスタッフ。

ヨーロピアンな廊下。

60平米のお部屋、映えません。

ガーデンデラックスカテ。

三重塔正面。

和モダンインテリアとの事ですが、

ヨーロピアンの名残も。

スパ温泉三昧にてバスタブは使用せず。

プール・サウナ・温泉=無限ループ。

旧さは否めませんが懐かしい都会のオアシス。

今更ですが程よく落ち着く上質ホテルでした。