日々旅暮らし

ほろほろ旅人生・島暮らし

北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート

見渡す限りポテト畑、女満別空港からほど近い(車で20分)のホテルで相方と待ち合わせ。

北海道のホテルの造りは大らか~。

ラウンジでドリンクサービス。

北の街ではもう 悲しみを暖炉で燃やしはじめてるらしい♪(名曲)

バーエリアからお庭。


足湯塔。

エゾリスさん、ガチで食事中。カマクラリスと違うね。

この辺りはアイヌ系ですか?と訊ねると、「いえ違う族です」と。

ローカルスタッフ女子達が小柄で瞳くりっとキュートでした。


靴を脱いでお部屋へ。

和洋室。

窓際にマッサージチェア。

森ビューの露天。

ジャガイモ畑を見渡すレストラン、台湾やヨーロピアン系のツーリストで満席。

オーストリアから来たファミリーが朝から鮭イクラ丼ガッツリ召し上がってました。

空港至近ホテルとあって旅の始まりや終わりにと便利で人気の模様、スタッフいわく流氷シーズンも繁忙だそう。

東オホーツク3泊の旅、めっさ楽しかった。(相方は北海道ツーリング開眼)

海・山・湖・滝・川・大地、北海道は魅力がいっぱい。イイな~またすぐ訪れたい。

Kitakobushi Shiretoko hotel&resort

おそらく3棟をまとめた巨大ホテル、フロントスタッフは国際色豊か。

広々昭和なロビー、ピアノが奏でる知床旅情。

朝夕食はライブ・ビュッフェ。

体育館のような食事処はほどなく満席。


オールインクルーシブ。


目の前で各シェフが仕上げるスタイル。

インバウンドに人気@寿司・天ぷら・刺身など。

ローカル蝦夷鹿かるぱっちお。


茸パスタ、イケました。

朝から鮭イクラ丼とか。

選り取り見取り豊富なセレクション・味も悪くないけど、さすがに2連泊は飽きた模様。

(外食はほぼ無理な場所なので選択肢はホテルのみ)


観光拠点に便利なロケーションだけに満室(って言うか他社競合が居ないブルーオーシャン)

サウナが極楽だったと相方いわく。(サウナシュラン2位?)

おまけ:「安過ぎるっ」と相方が思わず立ち止まった道の駅。

水揚げされたばかりの新鮮なシーラ丸ごと300円(!)

5月にハワイのスーパーで冷凍マヒマヒ切り身1枚(ぱさぱさ)、

$10以上で購入したのを思い出し唸った二人でした。(笑)

北海道の犬はホッケで育つと誰かが言ってたけど、信憑性を増すばかり。

北こぶし知床

いつもは泊まりたい宿・泊まりたい部屋ありきで旅を企てていましたが、

今回は真逆パターンでホテル選びは最後です。(と言っても他に選択肢無し)

オホーツク倶楽部・露天風呂付DXツイン50平米と言う名のお部屋。

快眠シモンズベッド。

デジャブ感漂うバスルーム・フロアプラン。

ラナイに小さな露天。(気のせいか大風呂の方が上泉質)

レザー椅子やなんちゃって暖炉など、旅ブロガー氏のご指摘通り赤倉を彷彿。

2018年に大規模リノベをしたそうな。

ハーバービューのラナイ、真冬には流氷が見えるそうな~。

旅情はありますが、控えめに言ってカモメはかなり騒がしいです。(笑)

PS>専用ラウンジはドリンクやスナックがコンプリ。

足湯に浸かりビアを1杯、いえ2杯。

ず~っと仕事してるヨーロピアンとおぼしき男性達がラナイチェアに陣取っていました。

「こんな最果てに何しに来たのかな?」と呟くと、

「最果てだから来るんだよ、彼らは極端な場所好きだよ」(BY相方)。

夏の北海道はインバウンドにも大人気で長期で周遊する家族連れを見かけますが、

このホテルも宿泊客は半数以上が外国人ツーリストで占められていた模様。


おまけ・ホテル内のオサレなカフェではアイスクリームのサービスも♪

こんな最果てに何故かデンマーク王室御用達の高級チョコレート屋があったり、

スタッフは半数が外国人で国際的な漁師町なのでしょうか。

shiretoko nature cruise

good morning Utoro@4:00am.

知床の朝は早い、午前4時前には明るくカモメが騒がしい。

鮭の水揚げ日本一を誇るだけにローカル漁師達は潤っているそうな。

部屋のラナイからオホーツク海をぼーっと眺める。

真ん前ウトロ港から出港する遊覧船に乗り込む相方が見える。

奥の駐車場の隅に森繁久彌氏の知床旅情の石碑が在るらしい。(未確認)


行ってらっしゃい、往復約3時間クルーズ。

知床ツアーと言えば昨年春の大事故が蘇りますが、もろこの港から。(※注:今回は他社運航)

以下、相方撮影。ナパリコーストを彷彿・断崖絶壁にて海からのみアプローチ@世界遺産・知床半島。

源泉かけ流しの滝(だそう)。

ヒグマたちがサーモンを漁っている姿はこの時期見られません。

秋の紅葉シーズンが素晴らしいとの事ですが、

やはりハイライトは2月からの流氷ツアー、相方はリピート懇願。

この辺りで唯一のハーバーフロント・ホテル。

オホーツク海を眺めマッタリ温泉。

全然期待してなかったけど、さらっつるっ泉質LOVEでした。

最果てジャパン

一足先にバイク・ツーリングツアーで東オホーツクを周った相方が、

観光客必須・ベタなスポットにレンタカーで案内してくれました。

まずはくっきり羅臼岳から~。(濃霧で霞む日が多いそうな)

原生林に囲まれたヒグマの生息地。


インバウンドのツーリストもバスで巡っていました。


ガイド付き5湖巡りトレッキングも人気。

本日の最高気温は25度・最低気温14度でさらっと汗知らずクーラー要らず。

ツーリング中はフリースでも寒かったそうです。

斜里町・オシンコシンの滝。

落差50メートル。

ホテルに向かう途中のすぐ手前で道路からすぐ。

シレトコってアイヌ語で「地の果て」って意味なんだそうです。

が、地理的感覚が欠如で地図を見て今更ながらに、えっガチ最東端。

コレと言って泊まりたいホテルも無いし、行くのどーしようかな~って最後まで悩みましたが、

人生で最初で最後かもと推され、結果楽しくエンジョイしましたとさ。

hour and a half flight

たった1時間半のフライトで、

北の大地から、

大都会へ。

まるで異なる国に来たみたい。

ピンと弓のように反り返った日本列島、狭くて広い国です。

気温差もハンパありませんっ。(きゃーっ)

ちなみに往復フライトは満席で、最果てジャパンは人気の模様。

おまけ:流氷@ホテルのロビーにて。

熱中症アラートなんて彼の地の人々にとっては、何処か遠い遠い国のお話です。(ホント)

good morning Kyoto

アサンポ貴船神社@6:00AM.

すい~っと渋滞知らずで市内から25分くらいで到着。

緑滴る初夏の参道、さすがにインバウンドも皆無。


あら既に2番乗りさんが、皆さん早起きですこと。

七夕の御名残。


「四条とマイナス10度くらいの体感だわ」(BY妹その一)

水神さまで汲んだお水でコーヒーを淹れたらまろやかでした。

小・水筒で500円お支払い。

きーんと静粛・爽やかなマイナスイオンに包まれて。

「氣が半端ない、なんか感じる、夜来るの怖いね」ええ確かに。

ゆるやかな坂道の参道を上り、

奥宮へとうちゃこ。

と、ここで帰途が気になって仕方ないワタシ。

こんな山奥の早朝、流しのタクシーなんていないしバスも走っていない。やばっ。

思わずいつものノリでMKに電話したら、なんと20分で来てくれました。(涙)

涼を求める渓流沿いの川床は夏が繁忙期。

清廉な気が充満の奥座敷、人っ子一人居ない朝が好き。

PS>昼間は車が動かないそうです。

宵々々山

祇園祭・前祭。

コンコンチキチン コンチキチン♪祇園囃子に誘われて、

数年振りの完全山鉾巡行とあって既にスゴイ人。


角の店にちまきを買いに行ったら、「どうぞ中も見て行ってください」と。

旧家や老舗が所有する美術品や調度品を披露する屏風祭り、町内巡りは目の保養。

山鉾町の洗練された伝統、国宝級の骨董も在るそうで嘗ての京の町衆の経済力を垣間見る。

前祭りにして既に歩行困難、今年は昨年を上回る人出になりそう。

熱中症に注意ざます。

海街朝時間

good morning Kamakura.


今朝はコチラではなく、

お隣garden house @ 9:00AM.

一時帰国中の友人と急遽待ち合わせ@morning personだけにお互い余裕。(笑)


お外席も気持ちイイですが、

夏季は冷房中席リクエスト。

雑穀サラダ、柑橘ドレッシングがイイね。


忙しい合間にさくっとキャッチアップ、会えて嬉しかった。

次回はBird Hotelで朝食をいただきましょう♪ good luck.

PS>←鎌倉市役所移転ってホント?めっさ反対されると思うけど・・・。

海街海開

週末のお祭り騒ぎと打って変わって静かな海街@午前5時半。

駅前は神輿が繰り出し、ホコ天でマツケンサンバ踊って夜遅くまで盛り上がってた。オーレ!

朝のニュースでお馴染のビーチ、夏は富士山見えません。

普段はヤル気ない寂れた商店街が盛り上がり、店前には押すな押すなの行列。あまりの変わりっぷりに驚愕。

最近の海の家オサレ~。今年は7月1日~9月3日で終了。(昨夏より長い)

日本の人は真面目だから最終日は夜中の12時ジャストをもって一斉に店仕舞いする。(ホント)

個別のラナイ・BBQ・エアコン・シャワートイレ完備でまるっと1日遊べます。

皆様ご自愛くださいませ~。グッドラック。