お問い合わせ 808-373-7193

電話受付時間:ハワイ時間 午前6時〜午後5時 日本時間 午前1時〜正午12時

日々旅暮らし

ほろほろ旅人生・島暮らし

田園の旧家

さて、お次はうって変わって、素朴な癒し系宿に参りましょ。

九州新幹線のおかげで、新山口から久留米まで1時間余り。

ローカル線に乗り換えました。

ご到着~。

ずっと訪れたかった「ふかほり邸」さんです。

道中スタッフから仕入れたインフォによれば、
ふかほりさんって、この辺りでは有名な旧家で、
広大な代々の土地を持て余していたそうな。

で、オーガニックな食品会社を経営している方に託され、
4000坪に5部屋のお宿をスタートされたそうな。

田園温泉、まあ何とも優雅な庄屋さんですわ。

おざましま~す。

180年前の母屋をリモデルしたそう。

御飯炊くのね。

カウチに通され、

オーガニックなまんじゅうを。

ふらふらっと徘徊ちう。

森カフェ?

森ベーカリー?

試食させていただいたのですが、

いちじく田舎パン、うまーっ。

これにチーズ&ハム&ワインで完璧でしょう。(ルームサービスあり)

散策ちう。

地産なオーガニック・ファーム。

野菜やら鶏やら山羊やらスッポンやら豆腐やら・・・。

ついでに大風呂チェック。

こじんまり。

部屋風呂が充実してたから、使用せず。

:emojionsen:ここんちの温泉は、とろとろ~ぬるぬる~乳液のようです。:emojiheartsmall:

のどかな田園地帯の旧家には、
癒しを求めて連泊するお客様が多いそうな。

:emojishinkansen:博多から久留米はなんと新幹線で18分!

まだまだ知らないお宿がありそうですね・・・。

お部屋に続。:emojiface_cyu2:

Overall, good value

今年のハワイはクリスマスツリー不足にて、
サンクス・ギビングの翌日には既にSOLD OUTですって。

毎度しっかり出遅れ気味にて、ヤル気ねー状態のワタクシです。

:emojixmastree::emojixmastree::emojixmastree::emojixmastree::emojixmastree:

さて、約1かっぽーY様がお待ちかねのようですので、
さくさく~っと〆ましょう。(笑)

暖炉に火が入り、

そろそろ夕餉となりました。

お食事何処でいただきます。

お庭と反対側の半個室でした。

きりりとランソンが冷えていました。

バカラのグラスでかんぺー。

赤ワも待機ちう。

お献立。

ふぐちりコースもありましたが、あえて普通のを。

連泊する方には、鉄板もあるそうです。

さぁ、いただきましょう。

鮑クリーム和え。

前菜:蟹真薯、鳥チーズ巻き、落花生、河豚馬関造り、平太郎
とお品書きにあります。

お造り:とても新鮮でした。

鯛、鮪、ヒラマサ、烏賊、車えび、鳥貝等々・・・盛りだくさん。

てっさは別注。

おしのぎ:野菜にぎり。

豚の角煮:馬鈴薯ソース。

別注:河豚の白子。醤油&レモン塩。ぷっくりとろける~。

山海蒸し。

河豚のから揚げ。

黒毛和牛ロースト。

ここら辺りから記憶無し。

アイスクリームも食べた模様。

朝食。

朝ビなメニュー。

焼き魚(ふぐ一夜干し)&湯豆腐&煮物もありました。

ふー、ごちでした。

これと言ってパンチ(死語?)に欠けるけど、
ソツないメニューは万人受けすると思います。

温泉宿のお食事としては上々、
作り置き感はなく、丁寧に仕事してあります。

こちらのお宿チョイスはお部屋第一で、
あんまり食には期待していなかったのですが、
十分美味しくいただけました。

何より、きりっと教育されたスタッフのサーブが心に残り、
間の取り方も完璧で気持ち良く過ごせました。

ホテルライクなプロの対応を好むオットにして、
「ここなら2泊してもイイ」という感想が。

どなたかもおっしゃっていましたが、
名宿の素質十分にて、全国区で健闘可能かと。

(※ただし、街中なので旅情は乏しいかも。)

ノッテル宿独特のPositiveな「気」がスタッフ全体から感じられ、
今まさに「旬」、Overallで良いお宿だと思います。

アクセスも良いし、これからも当分、人気が続きそうな「古稀庵」さんでした。

流れるように旅する身としては、出だしは上々。

さて、お次は湯質重視で選んだ全く違うテイストの1軒です。

多分、続。:emojiface_cyu2:

お篭り宿

それでは、お部屋に参りましょ。

カーペットの萩=山口?

回廊。

突き当たりが大浴場。

ホームメードのバニラアイス旨かったぜ(By 相方)と報告あり。

満室なのに、誰も居ない。

みんなオコモリしている模様。

露天もありました。

湯上り処。

ソフトドリンクのサービス。

おざましま~す。

8畳和室+ベッド+リビング。

69平米だけど、ラナイのお陰で、100くらいあるように感じた。

ラナイ+プール。

地下水を33度程度にしているそうな。

相方いわく、全くカルキ臭無しで、泳いでて肌が滑らかで、
めっちゃ気持ちよく、初めての経験だそうな。

Wシンク+シャワー+風呂の動線。

これは、昨年の赤倉にそっくり@石井さん。

豊富な源泉かけ流しの半露天+プール。

さらりと無色透明&無味無臭。

風呂→ラナイ→プールの動線=◎。

ベッド。石やら布やら山口産を意識しているのかな。

ネスプレッソや冷蔵庫(ソフトドリンクのみフリー)。

ビアの値段も良心的であったが、
ケチなおっさんはコンビニ(徒歩1分)に出向いてた。(笑)

TVの下にはガスの暖炉。

これも赤倉を彷彿:デザイン担当者が同じ?

食事以外、ず~っと部屋に篭ってました+オッサンは泳ぎっぱなし。

旅館というよりは、お家みたいで寛げました。

ワイアレス完備なので、さくさく~っと仕事も捗りました。

満室でも、人に遭わぬ宿です。

(※が、夏休みはガラリと全く様相が異なるそうな。
お子様天国にて、クレームも少なくないそうな。
一休の口コミにもお怒りモードのコメありましたわ。)

晩秋はひっそりと大人な客層にて、お薦めでありました。:emojiface_cyu2:

<続>

山口のお宿

泊まりたい宿は全て行き尽くした感ある我々にて・・・

今回はどんなに調べても、
とうとう「萌え宿」を見つけることが出来ず、
どーしたものかなぁと最後まで悩んだのですが、

「アクセス良好な宿」ということで落ち着きました。

流れるように旅するとしたら、
各宿間の移動は2時間半以内に収めたいところ。

ということで、お初の中国地方ですぅ。

新幹線の新山口駅で単線に乗り換え、

シュールな張りぼて狐の駅に降り立ちましたとさ。

なんか、コワイ絵だ。(笑)

:emojionsen:湯田って、湯量がスゴイんですって。

最初はオット好みの、わかりやすい宿を選んでおきました。(これ肝心)

古稀庵さんは昨年オープンしたばかりにて、オーナー氏は若干40歳だそうで、
代替わりしてリニューアルという感じかな。

街中にあるとは思えぬでしょ。

足湯~。

レストランから。

ロビー。

写真で見たときは、なんとなくばぼーな香りが漂っていて不安だったのですが、
実際はしっくり落ち着いていて、スタッフもびしっと教育されているしで、
あ~人気あるのわかるなぁと納得。

全16室に源泉かけ流しのお風呂を完備だそう。

10~11月に関しては、平日もびっちり満室@嬉しい悲鳴ですって。

「こんなご時勢に素晴らしいですね~!」と思わず言ってしまったオバサンでした。:emojiface_glad2:

現在は新幹線開通も手伝い、人の流れが西へ西へと向かい、
広島~中国~九州地方のお宿は軒並み多忙を極めているようですね。

それにしても、

又もや、石井さんですわよ。

もうニッポン全国制覇の模様なので、あえて避けたかったのですが、
どーしても話題のお宿って石井さんとこが設計担当なんだよねー。

おちこち(漢字忘れた)も候補に挙がってたんだけど、止めときました。

そーいえば、秋田のあそこもそうだ。

なんか同じようなデザイン続くのって、面白くないじゃん。
でも、そのうち行ってしまいそうな予感する。

ちょっと悔しい。:emojiface_settledown:

小ライブラリー。

和むオッサン。

朝に夕に(素っ裸で)泳ぎまくるオッサン。

「:emojiheartsmall:こんなに美味しいプール(まろやかな地下温水)は初めて!」と感激の模様。

露天→プールのコンビを止められず、100往復は軽くしたと思う。
ゴーグル持参した甲斐あったね。:emojiface_cyu2:

こちらは珍しく小さなお子様OKな宿なので、
プールのお部屋は海外在住の里帰りファミリーにも人気だそうな。

<続>

旅のトモ

わたし達は、新幹線LOVEにて、
流れるように日本を旅するのが好き。:emojishinkansen:

だから、ついアクセス良好な宿ばかりになってしまう。

ジャパン・レイル・パス(1週間JRグリーン乗り放題)
38000円だったかな?めっちゃ安くないですか~。

これがなければ、ちょっと無理な旅程かも。感謝。

さて、出発進行~♪

エキナカでこーた、煮あなご。

いつもの、マイセンさん。

わ~い、気分も上がるぞ。

ニッポンを旅してるって感じ。

ホームで昼ビするのが趣味なオトコ役1名。

「日本は何処で飲んでもイイんだぜー」(By 相方)

そういう問題?

こちらは九州のお宿のお稲荷さん。

九州のって、ちびで甘くて美味しい。好き。

こちらは広島のお宿のあなごメシ。

びっちり、さすがだよ。うめっ。

京都駅では、

昨年トライしてお気に入りの本マグロのお寿司@伊勢丹。

築地なんとかより、全然イケマス。とろける~。

キオスクの前でじっと佇む、変なオジサン@放心状態。イチイチ気になるらしい。

素通り出来ない気持ち、わかるけどね。(笑)

鉄子の旅・・・:emojiface_cyu2:

<続>

親しみやすい最高級?

パレスホテル東京のエントランス。

フロント前。

エレベーターホール。

昼間は丸の内のビジネスマンの待ち合わせ場所として、
人がびっしりですが、さすがに早朝は誰も居ません。

(行列のできる)オールデイ・ダイニング。

ワインバー。

お堀を借景に、水と緑に囲まれた、稀有なる都心のロケーション。

グレーを基調&苔むしたグリーンを刺し色に、館内品良くまとめあげている。

エビアン・スパ。

日本初だそう。

が、ジャグジーは普通の水だそうな。てっきりエビアンかと。(笑)

フィットネスの最新マシーン。

ビューも◎ですが、オープン遅し。時差ボケ対応して欲しいとこ。(By 相方)

なんか、不思議なホテルだったなぁ。(ぼそっ)

「親しみやすい最高級」と日経に書いてあったけど。

実際宿泊してみて、未だにここの立ち位置がよーわからぬ。

お地味な空気感は一貫している。

落ち着くと言う年配者も多そう。

癒しの要素も感じられる。

しかし、洗練のサービスとも違う。

お値段に関しては、間違いなく都内ではトップクラスなんだが、

うーん、役不足にて、御免。

これにて失礼をば~。

PS>低層でラナイあって、緑豊かな都心のロケーション、

東京駅にも近いし、ものすごいポテンシャルを秘めていると思う。

Good Luck!:emojiface_cyu2:

追記:今何気なく一休の最新口コミを見て驚いた。
自分が書いたかと思ったよ。(笑)

基本的なサービス、これ大事だす。

★★★+半分

Something Big  Missing

パレスホテル東京:ラウンジのラナイからのビュー。

気持ちイイ、秋晴れです。

さて、チェックイン。(すったもんだありました)

他ホテルと比較するのも失礼ですが、
予約入ってません事件を差し引いても、やっぱ外資には遠く及ばない。

タクシー下りた時点で、????の連続にて、緊張感が乏しい。

それはチェックアウトし、タクシーに乗るまで続いた。

日系ホテルはアマク褒めちぎり、味方したいのは山々だけど、

今更ながらに、リッツ等の連携プレイは神業に感じる。

something missing! 何を目指しているのか不明。

以前からのんびりとした社風であったのだろうか?

ここ10年来で、もっとも肩透かし感満載。

不思議な経験@東京の高級ホテル(だよね?一応)。

正直、この料金設定でやっていくには、無理があると思う。

ロケーションや低層のラナイ付きルームは感嘆するけれど、

リモデルに情熱を捧げて、それでお仕舞いっていう投げやり感が漂う。

上品な人々は、このようなサービスを好むのであろうか。

それとも、以前からのスタッフを留任及び人事の方針であろうか、

おっとりしてるっていうか、ぼーっとしてるっていうか、全く理解できず。

更には、日本的なキメの細やかさも感じられない。

すんまへん。期待しすぎたわ。

こちらは日比谷側。

始終ひっそりとしているラウンジ。

何故かというと、外資と比べて上品(貧弱)だから、
ミール目掛けて、若者かっぽーや女子が群がらない。

そういう意味では、意外と作戦勝ち?

お部屋:品良く和を意識したデザイン。

小チェイス。

奥がクロゼット。

デスク~TV~バスルームの動線。

ラナイもあるよ。こちらは若干広めのタイプ。(55平米)

和田倉噴水側。

シングルシンク。(珍しい)

ビューバス。

丸の内オフィスの夜景&東京タワー&富士山も見えました。

あっさりと、パブリックに。

<続>


First class hotel – but not good value

鮨かねさか@パレスホテル

Happy ThanksGiving!

相変わらず、やる気出ない感謝祭ですわ。

泡とワインは勢ぞろいしたのですが、アテは日本土産の、
蟹さんと白鰻とカンパチと湯葉刺しかな。(笑)

********************

それでは、ジャパンの思い出を少々どぞ~。

サンセットに映える、富士様。

夕闇迫る頃・・・

ラウンジで一杯いただき、お食事タイムとなりました。

初日は疲れているので、ホテル内で軽くいただきま~す。

事前に賛否っぽいグルメさん達の評価を見たので、
ちょいと気になっていたのですが、
「:emojiface_glad:大丈夫。俺達なに食っても旨いって」という、
相方の言葉に頷くばかりなり。(By ハワイの田舎もん)

まずは、シャブリでかんぺーっ。

おまかせの一部:
鯵、蟹、中トロ、海老。


煮鮑、しめ鯖、白子、コハダ?


あなご煮、のどくろ、海胆、〆はとろたく。


ごっそーさまでした。

妙な緊張感がなくて、和やかな雰囲気が気に入りました。

12席程度ありますが、7人以上取らないって何処かに書いてあった通り、
常にお客様数は7人でゆったりモードをキープ。これはイイ。
(銀座Qのずら~り&ぎちぎちカウンターとは雲泥)

本店には伺ったこと無いので比較出来ませんが、
ほろりと握り加減も宜しいし、万人受けする鮨メシもホテル内ならでは?

お隣に座ったお客様は本店の常連さんらしく、
「ホテル内でこのレベルは奇跡だ」と手放しの褒め様。

本店は★★で勢いが増すばかりにて?
シンガポールのラッフルズや軽井沢にも支店が次々とオープンだとか。

気軽に美味しくということで、フライト後には◎。

が、帰国直前にこの近所で、
めっさコスパ高い寿司屋に遭遇し、オットのお気に入りとなりました。

鮨星人の旅は始まったばかりです。

<続>

素敵な感謝祭を!:emojiface_cyu2:

HNL-NRT-HNL

HNL空港は快晴@デルタ・ラウンジ前にて。

今春から導入の新機材、フルフラットシートは快適。窓際はお一人様用のみ。

UAファーストのコンパクト版って感じかな。かなり上々。
全長2Mですので、でかいアメリカ人もOK。

いってきま~す。

さよならオアフ~。

ニイハウ上空。

ほどなくランチ。

が、これが恐ろしく、げ●まずっ。

白飯3口+お新香のみいただいたので、結果体調良くなりましたが・・・。
これはヒドイ。洋食の方がかなりマシでしたわ。

UAの方がかなり食べられます。(ホント)

帰国便:成田ラウンジで相撲を見るおっさん。

なんつーか、相変わらず。

ラウンジのミールは、UAよりかなりマシ。

到着30分前まで爆睡の二人でした。:emojizzz:

夜便は一切飲食しないので、機内食の写真無し。
帰りは古機材しか取れず、腰痛くなった。
早く全便を新機材にして欲しいと切に願う。

着いたよ~。

デルタの新機材747は◎にて、7万マイルで落とせれば上出来。

ちなみにHNLーNRTでデルタのチケットを探すと、
新機材は$4400で、古機材は$2700でした。
(日本発着だと、もっと安い)
&現在はデルタより>おJALの方が安い。

やっぱ180度フラットは極楽ですもんね~。
めっちゃ熟睡可能&足がむくまず、楽々~♪
特に行きは昼間で9時間かかるから、価値大!

UAもフルフラットだけど、2-4-2配列でわさわさしているし、
あの後ろ向きのシートが苦手。(目が合う)通路も狭い。

個人的にデルタは前方#3くらいが快適で、お気に入り。

その後ろの中央部分は1-2-1の配列。
以前は2-2-2だったから、かなり席数を少なくした印象。

新婚さんで真横に座りたい人は、真ん中のシートのみで窓際無し。

が、我々のようにトウのたったかっぽーには、お一人様シートLOVE。(笑)

静かな席を好む人はアッパーの1-1窓際のみがお好みのよう。

HNL-NRT便のCクラスに関しては、デルタが今のところベストかな~。
(JALはすち優しいけど、シートしょぼすぎる&ハワイアンは論外)

プライバシーの配慮も感じられるし、デルタもなかなかっ。

これで機内食がマシになれば、ぼんびーマイラーとしては、
文句なしなんですが・・・。

※最後の3枚の写真はデルタ航空さんから御拝借。

※シートマップ
http://ja.delta.com/content/www/en_US/traveling-with-us/airports-and-aircraft/Aircraft/boeing-747-400-74s.html

美味しいニッポン 2012

日本に行ってきました。

天候にも恵まれ、素敵なシーズンでした。

いきなり都会。

まずは、鮨補給。(笑)

紅葉は七部というところかな。

レールパスを駆使して、西へ西への旅となりました。

今回のお宿は新旧取り混ぜて、ホテル3+温泉3です。

全てキャラが被らないようにしたので、ご主人様も飽きずに大満足。(ほっ)

利き酒ちう。

:emojiheartsmall:ここのお食事、相方が特にお気に入りに。おこぜ、うまーっ。

温泉宿としては、かわせみさん(初期)以来の誉めようでしたわ。

チマタで話題の新生お宿にも。

九州のぬるぬる~乳液温泉も行ったよ。

かんぱ~い。

相変わらず、わが一族の健啖っぷりは健在の模様。

ニッポンの焼肉、蕩ける~。(じゅるる)

先月オープンほやほや~最近の東京のホテルの仕上がりは、なかなかっ。

クラッシック+モダンの共生。美しく生まれ変わりました。お見事!

ニッポンは危険な国だ。

これ以上居たら、デブになるし破産する。やばーっ。:emojiface_coldsweat2:

でも、やっぱ文句無しに美味しく美しい、日本の晩秋LOVE。:emojiface_cyu2:

:emojihearts:ジャパネスク200%堪能どすえ~♪

<続>