日々旅暮らし

ほろほろ旅人生・島暮らし

〇〇は忘れた頃にやってくる

「東京に来ないでください!」とユリコさんは叫んでいるし、

ワタシも正直言って県外に出たく無いけど、今回は必要至急案件ってことで、

気合入れてすっ飛んで行く所存。

昨年8月末にアプライしたre-entry permitは、

通常なら2週間程度で届くはずの指紋採取等のスケジュールが、

コロナ禍においてはウンともスントも音沙汰無しで待ちきれず、

ダメだこりゃと諦めて出国したのが11月下旬の事。

で、4月になって移民局からの手紙I-797が転送され、

日本のアメリカ大使館のサイトに自分の番号を見つけ、

ようやく再入国許可受け取りに漕ぎ着けるのに8か月弱を要した次第。

でで、指定された時間が早朝8時15分。

(えっそんな早くに大使館って開いてるの?)

ちなみに本来なら行われるはずのバイオメトリクスはGC同様に免除で、

いきなりアメリカ大使館でピックアップとすっ飛ばし。

いいぞアメリカ、その調子。

ちなみに再入国許可の有効期限は2年間で、その後は+2年間更新可能。(らしい)

が、しかし、2度以上更新するとブラックリストに載る。(らしい)

2+2+1=5年に延長出来ると専門家いわく。

が、しかし、あんた住む気無いねと睨まれるとコワい。(らしい)

GC保持者は年間180日以上米国外に住むと放棄したと見なされ、

1年以上離れる場合は再入国許可は必須。

リエントリー無しで長期で離れ再入国する日にゃ、

別室行きは免れずGC没収もありえるとセンパイ達は語る。

それが恐ろしくて自ら永住権放棄するGC保持者も多い。

ワタシも最悪リエントリー取れないと覚悟していたので、

放棄してESTAで入る事も考えてたけど100%周りに止められた。

ガチの老後は日米半々で暮らす選択肢は捨ててないから、

今のうちに足場を固めるべく細々ミッションを抱え帰国したけど、

日本と米国の素晴らしさを改めて実感している日々。(ホント)

ニッポンの柔らかい細やかさもアメリカのダイナミックな雑さも大層魅力的。

でもまあ2年間の猶予は素直に享受し、人生成り行き任せ風まかせ~。

再び軽やかに往ったり来たり出来る日を心待ちに、

シリアスな案件は2023年に考えることにしましょう。

good luck & aloha!

海街鮨屋

相方・初の大仏様に連れて行ったのに、

あんまり興味ないみたい。

やっぱ花より団子みたい。

おつ~@貸し切りラッキー。

もずく酢。

しらうお。

白海老シーズン始まりました。

太刀魚の塩焼き、うまー。

軽く握ってもらいましょ。






「とても良い店だね」(BY相方)

派手さは無いけど一つ一つ丁寧で美味い。ワインのお値段も良心的。

観光地ど真ん中だから大丈夫かな~?と疑心暗鬼で失礼しました。

大将一人で切り盛りしてるから平日がお勧め。

ちなみにお値段は「想像してたより1万円安かった」そうで、

長谷の鮨や、再訪決定です。ハイ。

海街フレンチ

こちらも久々の再訪です。

学生時代は海沿いをドライブして→チャヤと言うコースがオキマリでした。(遠い目~)

1階のハリーズバーも健在。

2階を予約出来ました。

ステキな時間のハジマリ。

爽やか晴天でラナイもイイね。


再会に乾杯♪幼稚園生だった甥っ子君が立派な青年になっていた。次回は京都で遊んでね!

ポテトムース。

白身魚のマリネ+ラビオリ。

なんだったか失念。

春野菜のパイ。

私のコースは魚料理と、

アンガスビーフ。

相方はブイヤベース。

気持良く完走。we had a great time!

自分の遠い記憶では料理も店内ももっとクラッシックなイメージでしたが、

現在は軽やかでカジュアルな印象。

場数を踏んでいない学生時代はソムリエと直で話をするのが怖かったけど、

今ではアレ無いの?って訊ねる、すっかり図々しいオバちゃんに。(笑)

ずっと存続してるって素晴らしい。

懐かしすぎて涙ちょちょぎれそう。

海街リゾート

シンセキのお姉様達がバカンスでいらしたので御訪問。

マリナデルレイ?

モダンホノルル?

昨年オープンしたばかりの御近所リゾートです。

美味しい桜茶をいただきました。

ココはワンちゃんOK。

CA料理のカフェ&レストラン。

晴天の週末は満室だそう。

気持ちイイ季節は人気の模様。

逗子マリは学生時代以来だから、えーっと36年振りです。

yakitori@ryogoku

相撲の後に駆け込み~。

初国技館オツ~。

タイムリミットあるのでオマカセ。

じゃんじゃん焼いてください。

野菜&パーニャカウダ風。

焼きカマンベール・海苔はさみ。

東京風甘い出汁巻き。

トマト焼き等々。

相方〆サワー旨し。

よろよろっとホテルにご帰館。

「下町は濃くて面白い。また泊まりたい!」とのこと、次は巨人戦かな?

海街花曇り

でっかいマスク姿がキュート@曇天ですが。

散り際を惜しむ、カンレキオジサン+ヨワイ80スギノロウボ=シュールな絵。(笑)


春色で乾杯@平均年齢70歳。

見慣れたお皿。

見慣れたオツマミですが、


やっぱ日本の鯛で作るカルパッチョ旨いなぁ。(BY相方)私はトマトの旨さに衝撃。(ホント)

我々のニッポンアゲアゲは続く。


相方お疲れちゃん。(カマクラゴミダシメッサキビシクテワタシワギブ)

二人で初めての春めっさ堪能しました。

数十年振りに秋~冬~春と通しで過ごし日々発見です。

お次は眩しい新緑の季節が待ち遠しいリタイア夫婦の行脚は続きます。

海街和食

龍口寺から文字通り目と鼻の先、

ず~っと気になっていた小さな和食やさん@鎌倉市と藤沢市の境界線。

生ビでおつ~。

前菜:作り置き感ゼロで丁寧な仕上がり、期待高まります。

熱々焼き胡麻豆腐・菜の花のおひたし・炒りおから、

マスカット白和え・全部イイ!相方は手放しの褒めよう。

日本酒中心ですが、お手頃ワインのセレクトも。

椀替・真はたと筍の酒蒸し、優しいお味。

造り盛り。

焼き物:鰆塩焼き&焼き筍。

追加:黒毛和牛。

筍と山葵の天ぷら。

もずく雑炊。

チーズケーキ&黒豆甘納豆。

す~っと〆までご主人の思いがさりげなく伝わるお皿たち。

次々予約なしのツーリストが断られていたけど、

ご主人一人で切り盛りしてる小振りな店は予約必須。(おそらく一回転?)

春を感じるメニュー@ゆうがた、次回はアラカルトで。

「今幸せ?」と単刀直入に訊くと「うん、スゴク」と即答でした。(笑)

こんな店が近所にあったらイイなと人気の模様。

桜も残すところ僅かです。

今日も20度以上の夏日だそう。

海街桜歩き

おはよーさん@3月29日・午前8時。


昨夜の強雨にもめげず健気に咲いてます。

ひっそり山門@月曜の朝は無人。

清々しい気が満ちる参道。

ステキな桜道@映画のシーンでお馴染み。

幸せ感じる@ニッポンの桜。

映画で綾瀬さんが歩いてた坂。(ミーハー)

オジサンダッシュ。


おそらく40年振り。



朝一おススメ・極楽寺~成就院。

昨日の春の嵐で結構散ってしまいましたが、

それもまたよろし。

桜抜けからの、

海街ビュー。紫陽花シーズンは人が押し寄せ大渋滞に。


30分程の朝散歩。

さ帰りましょ。

本日は夏日で半袖OK。


波あるね~@サーファーわらわら。

ウチの玄関前もギリギリ頑張ってる。

海街桜はあと5日くらいかな?

白樺@赤観

おはよーさんです。

おなじみ白樺

*

*
*

朝定から。


二日目は曇天。


夕食前の一杯。

ラウンジで新ドリンクサービスが始まってました。

今日もイイ一日でした。

からの夕食。ホテルコラボのローカル日本酒旨し。

前菜・うざく。

山で食べる刺身もオツ。

相方おすすめシャブシャブは肉質よろし。

ごちでした。見慣れたスタッフはサーブがスムーズでチームプレーに感心。

3日目の朝はぎりぎりまで滑り。

やっぱ朝定でしょ。

カフェでdon’t forget カレーパン&モンブラン。

思いがけず突然の春スキーで大満足。

*
*

*

定宿は至極リラックスで落ち着きます。さくっと冬にまたお邪魔します。

aqua dining @ AKAKAN

雄大な夕暮れ。

ふー滑りきったぜ。(BY相方)

赤倉の氷+水は他の追従を許さぬ秀逸さ。マジ凄い。

エビアンより<蛇口の水旨し。

夕食の時間となりました。

3ヶ月振りですが、

12月は真っ暗でしたが、3月は青い山脈。

さすがに外は凍える。

りーずなぼーなぴの。(リストにOPUS14万円であったで~BY相方

乾杯@百万回目のあにばーさりー。


前菜:蕪のムース?(多分)

サラダ仕立て。

パスタ。

魚料理(失念)

安定のビーフは柔らか~。

デザート。

ご馳走さまでした。

訪れる度にスタッフのサーブが向上しヤル気を感じます。

よろよろ~っと、お休みなさいませ。