日々旅暮らし

ほろほろ旅人生・島暮らし

海街電飾

平日の夕方は地元の学生達が寄り道する参道。


ホリデーシーズンですから。

恋人達もわらわら集うデートコース。

師走の夕暮れ時。

島のてっぺんを目指します。

湘南シャンデリア(名称)。

既にスゴイ人。

JK達がエモいって言いながら撮ってたよ。と教えたら「なんやそれ」(BY相方)ですと。(笑)

シーキャンドル(名称)。

江の島イルミネーションは来年2月まで。

めりくり~。

神様仏様ご先祖様に感謝し祈ろう。

来年も健康でアホで美味しい1年でありますよう。

温泉行脚出来ますよう。good luck

海街温泉

おはよーさん@本日も快晴。

ウチから一番近い海っぺり温泉@湯冷めしない程度に徒歩圏内。

平日午前8~9時はゼイタク独り占め@正面に富士山・プールのようなデカ風呂。

ちなみに男子風呂も相方独りだったそうな。

空いてて極楽だけど経営状態が気になるね。

屋上にはプールまであり5階建てのスパ棟、なんでこんな場所にこんなもんがと訝しく思うが、

インバウンド華やかな頃は連日C国ツーリストのバス数十台押しかけ賑わったそうな。

無理やり映え~、なんか哀愁。

ガンバって欲しいな。

せめてワタシ達が居る間は通うからグッドラック。(BY オハラショースケ)

海街暖冬

12月19日(日)午前8時半。

師走とは思えぬ小春日和。

元気いっぱい夢いっぱい。

若い人達ガンバって~、目指せロコサーファー@つづき あむろ!


もうすぐクリスマスだね。

オバちゃんは日帰り温泉でも行っとくわ。

W OSAKA

京都では目移りする程迷いましたが、大阪はそそるホテルが無く悩みました。

で、ロケーションに惹かれネタで泊まってみました。

エントランスから攻めてるね。

スノーマン?

40平米のスタンダードツイン。

カウンターバー@場末っぽいチープ感はわざと?

全然ANDOぽくない、若い人にやらせたのかな?

シングルシンク。

オープンバス。


クロゼット。

至ってふつーの寝心地だけと落ち着かないなぁ。

高級ラ*ホって呼ばれてるらし~で~。

あ、↑これが噂のカップルズキット。遊んでるねW。

スパはヨカッタです。

意外とは言ってはナンだが、スタッフの対応は高級ホテルのそれで、

強気な料金設定でした。



京都~大阪~尾道の旅、同じ日本かってくらい違っていて飽きない。

西はおもろい、ユニーク、メデタシ。

PS>国内で未踏なのは、滋賀・鳥取・島根・高知・宮崎。来年行けるかな~。

ふらふら大阪

ホテルから徒歩圏内、相方の旧友推し店で待ち合わせ。

久々におつ~。

お通し:ミルク豆腐。

ピーマンお浸し。旅の前後がご馳走攻めなので普通の食事がほっとする。

オイスター、塩辛。

貝柱ぽてさら。

さし盛り。

もずく。

温野菜。

つくね。

とりから。

山芋ふらい。

おつけもん。

思いつくままオーダーしたけど全部丁寧で美味でした。

大阪居酒屋レベル高し。

なんか異国に居るみたい。(アウェー感半端ない)

旧友が会員制バーに連れていってくれました。

みんながんばってはるなあ~。(言葉おかしい?)

元気もろたで~グッドラック。

初冬の大阪

12月だと言うのに最高気温19度でコート要らず。

グッドモーニングオーサカ。

朝からタコヤキ?

緑爽やかコートヤード。

朝夕泳ぎっぱで相方すっかり御満悦@ギラギラプール。

フロント@ぴかぴかっ。

ツリーもネオンちかちかっ。

やりすぎーっ。(笑)

By ANDO監修ってホンマ?

エネルギーもってかれる~。オオサカ元気過ぎっ。

シャー。

楽しいけど、やっぱ疲れた~。

体調悪い時とか街歩けない。(マジ)

海街イタリアン

ずっと訪れたかった隠れ家イタリアン、常連さんに誘われてお初です。

女主人一人で切り盛りする小さな店内は既に美味しい香りに包まれ。

すごいメニューだわ。

大学時代の友人夫妻と久々に乾杯。

センパイはとっくにリタイアして東京~ホノルル~鎌倉ライフをエンジョイ。

フェカチャ、のっけから期待しちゃうね。

のんべー4人組だけに、

既に調子出て来た模様。(笑)

オマカセ前菜盛り。「これとパンだけで十分だね」(BY相方)

ワガママ言ってモリモリにしていただきました。パテ・ニシン・ハム・ナス、それぞれ美味し。

からすみパスタ@絶品。

ワインリストは狭めですが、お手頃でセンスあるセレクト。

友人はイノシシ(チャレンジャー)。

ワタシは真鯛(無難)。


ティラミス。

モンブラン。

女主人による直球イタリアン、潔くてかっちょいい。

看板の無い名店ひっそり住宅地ぽいロケーション。

食後酒はオーシャンフロントの週末の家にお邪魔@老犬かわいすぎ+40年来の女友達。

ワタシ以外の3名はハワイに戻る日を心待ちにしている模様。

ワタシは純粋なツーリストとしてワイキキのホテルに泊まるのが長年の夢。

と言うような話題で盛り上がる海街の午後でした。

Hotel The Mitsui Kyoto (2)

張り切ってアサンポして、

腹ペコで御帰館。

朝食付きプランでした。

ガーデンビューのお席。

朝からご馳走~丁寧にこさえてあります。

外席も気持ちよさげ。

13時チェックアウトなのでサーマルスプリングに浸かり、

折角なのでランチもいただきました。

ぴかぴか鉄板カウンター。

ホテルクレジット利用で、

軽く松花堂弁当だと想像していましたが、

和の匠と、

フレンチのコラボだそうで。

ステーキまで付いて御立派。

日本的なプチデザートも。

なんのお祝いでしょ。(笑)

最後の最後まで至れり尽くせりパーフェクト。

PS>夜の料亭も素敵でした。

京都では朝から晩まで食欲旺盛にて少々反省。

Hotel The Mitsui Kyoto

京都のホテル選びは二転三転しました。

最初は叔母宅徒歩圏内のアマン一択でしたが、

開業したばかりのROKU KYOTOの温泉プールに惹かれ変更し、

ふふもイイな~と浮気心でふらっとなり、PHは友人の感想を聞き却下、

ワタシ推しのWestin 佳水園は予算オーバー、

で、利便性と割引4万円+ホテルクーポン2万円の太っ腹に釣られ三井に決定。

三井家ゆかり@二条城隣接地。


しっとり空気感が漂うフロント。

既に外資とくっきり違います。

インバウンド好みのTorii Gates。

スタンダードなガーデンビュー。

というか、コートヤードビュー。

50平米程度だと思いますが、すっきりまとまり。

お着き菓子3種。

蓬色グラデーションが優しく、使い勝手宜しいフロアプラン。

Wシンク。

至極快適なサーマルスプリングが在るので、ほぼ使用しなかったバス。

いやはや日系ホテルのレベルの高さに恐れ入る。

若いスタッフ達の爽やかで優雅な所作・細やかで的確な素早い対応・ゲストとの程よい距離感・緊張感。

高みを目指し何処までいってしまうの~と、

「ニッポンのサービス業すげーな」とオッサンも唸る夜の庭。

ワタシ的にも今まで泊まったホテルを思い出すに、京都随一だと確信。

いや違うわ、ここは旅館。

ハワイの日系ローカルのオジサマ達(訪日したくて発狂寸前)に推薦決定です。

雅な着物姿のスタッフにうっとりする事でしょう。

azumi setoda (3)

お夕食は一番乗り。

瀬戸内海のお造り+ザーサイ白和え。

がんす。

サヨリと野菜の天ぷら。

鯛蒸し。

ワインリストは狭めでした。

ローカル牛2種の炭火焼。

鯛茶ずけ。

プリン。

既に滞在された方から「エスニック感が強すぎた」と感想を聞いていたので、

若干不安でしたが、あまり気にならない構成でした。

美しい個室も在りました。

朝食のチキンは残してしまいましたが、シンガポールっぽい味付は創業者好み?

旅情たっぷり、ストーリーのある小さな島の小さな宿、エンジョイしました。

次回はしまなみ海道チャリの旅!と意気込む相方でした。

瀬戸田の旅備忘録~ひっぱったね~。宿ネタ年内〆を目指します。

もう思い残すことはございません。(笑)