日々旅暮らし

ほろほろ旅人生・島暮らし

欠けた月

24年振りの皆既月食は澄み渡る山から眺めました。

森の宿の夜は暖炉に火が。

高原~山岳~森林と巡りました。

爽やかな新緑の旅、ニッポンLOVE再発見。

別邸 洛邑

夕食は貸し切り。(スタッフの方が多くて恐縮)

本鮪のたたき。

若干塩気がキツイのは漁師町だから?

魚介類のサラダ仕立て。

カジュアルなモンタルチーノ。

フォアグラとリードヴォー。

ちょっと残してしまいました。

本日の魚と伊勢海老ポアレ。

静岡育ちの和牛。

さすがにお腹いっぱいです。

お部屋にはチーズとワイン。

さすがにギブ。お休みなさいませ。

おはよーさんです。

朝も貸し切り。

たっぷりサラダ。

オムレツに餡が。

都会的な洗練とは違うけど、各スタッフが頑張っていて好印象。

13時チェックインだから長く滞在した感じです。

久々の下田泊で引っ張りました。

海街から2時間余りの旅、懐かしく思い出に浸りエンジョイしました。

GW後の誰も居ないビーチは天候に恵まれ最高で、今後も日本各地の海を探訪する予定のリタイア夫婦です。

Rakuyu

宜しければ特別室へどうぞと言うことで、勿論快諾でお引越し。一応押さえます。(笑)

通常ルームの2倍はありそう。

和室・未使用。

お風呂は更に大きく感じました。

Nさんも浸かったかしらと妄想。(ミーハー)


広々ラナイからプールは見えません。

嘗て某企業の保養所だったそうで、

清潔感は保っていますが築年数が古いのは否めません。

が、このロケーションに惚れ込んで購入したと言う、

オーナー氏の気持ちはわかります。

伊豆半島では希少なオンザビーチでトントン海。

Location, Location & Location

静岡もイイな~。(ぼそ)そうだね~温泉・海・魚と我々の大好物が満載。

まあボチボチ探します。

spa resort Rakuyu

今回は2種類のお部屋を試せました。

最初は通常の和洋室でした。

和室・未使用。

寝湯・未使用。

ラナイに風呂+チェア。

さらっと無味無臭なのに滑らか掛け流し。

からのプールビュー。

ガラス越しオーシャンビュー。

乾杯♪

次のお部屋は、憧れの方も入ったであろう・・・きゃーっ。(ミーハー)

グッドモーニング外浦

おはよーさんです。

朝陽とともに走る人。

崖にへばりつくようなお宿。

ワタシはラナイで熱い紅茶。

からの極楽朝風呂。

まだまだ走る人。

オジサンガンバレ。

日本の5月は紫外線キツ目。

注:日焼け。(クロマスクコワイ)

この時期海で泳ぐのは相方と白人家族のみ。

おそらく寒い国から訪れたのではと予想。

今日も晴れるよ。

グッドラック!

漁師町でランチ

ちょっと早目に到着したので、駅真ん前のお店に。

貸し切り状態で、おつ~。

ワタシは漁師マカナイ丼。

相方は下田名物キンメ丼。

っつか、デカ過ぎっ。通常の3倍はあります。

帰りは老舗のウナギ屋さんに送っていただき。

タレさっぱり目、いただきました。

個人的にはもう少し身厚ふっくらが好みですが、こちらのスタイルも人気の模様。

GW後はお土産屋さんも閑散。

踊り子号も貸し切り。

「もうグリーンに乗る必要無いよ」ですって。ケチ!

独り海開き

最高気温24度&水温は20度。

プライベートビーチ状態を偵察ちう。

さすがにウエット無しでは無理@伊豆半島5月上旬。


が、しかし、ガマン出来ず入水した模様。

カンレキオジサンシンゾウマヒコワイヨ。

海のモズクいや藻屑と消え、あ見つけた。

無事生還。「ハワイのめちゃくちゃ天気悪い冬くらいの冷たさ」だそうです、ハイ。

そー言えば相方が日本の海で泳ぐ姿を初めて見ました。

いつも海ばかり見てるから、旅は川と山にしてとリクエストあり、沖縄も避けてました。

からのサウナ。下に見えるのはジャグジで、この日は貸し切りで他にゲスト無。

からのプール。(温水ではありません)

からの温泉。GWは満室だったそうですが、誰も居ない海&宿LOVE!

「透明度があってラナイ島くらいキレイ」(だそうです)


外浦は父が気に入り幼い頃に家族でひと夏過ごした思い出のエリアで、

半世紀振りに訪れ、こんな美ビーチだったのかと今更ながらに。


懐かしすぎて涙ちょちょぎれましたとさ。

FOUR SEASONS HOTEL TOKYO AT OTEMACHI

グレーのグラデーションが落ち着くアプローチ。

50平米程度だと思いますが、すっきり広々。

とがったインテリアと無縁、柔らかな色味でリラックス感満載。


チェイスからの

皇居ビュー。

新しいホテルは空調が完璧で空気が旨い・気持ちイイ。(そうです)

東京のホテルで現在もっともお気に入り。(だそうです)

細部まで計算し尽くされていると思うけどCOZYな寛ぎ感でリラックス~。

散らかってますが。(失礼)

ビューバス。

自然光たっぷりWシンク。

毎月お祝い。(笑)3月米国入籍・4月日本入籍・5月ハワイ式@シツコクメデタイ。

Are we Four Seasons People?

ルームサービスの朝食、美味しかった。(BY相方)

世界中何処でもFSスタンダードなサーブで安心感と寛ぎを提供、

やり過ぎない程度に旅情とヨーロッパへの憧れも忘れない。

It sure is.

再訪決定・海街から東京を訪ねる楽しみが増えました。

フォーシーズンズホテル東京大手町

エレベーターを降りるとシンプルなカフェエリア@皇居ビュー。

ロビーエリアのカウチ@グレーを基調にブルーのアクセント。


角を排除したフォルム、まろやかな色味。


フロント。

たっぷりドレイプリ―が優し気。


wating area.


レストランへのアプローチ。


ライブラリー風。

迷ったようです。

コンファレンス或いはパーリールーム?

バーエリアもあってステキ。

折角なので押さえます。(笑)

丸みを帯びたカウチ・照明・テーブル、妙なジャパネスクに走って無いのが新鮮。

相方絶賛スパへのエントリー。滞在時間のほとんどを過ごした至福エリア。

水を得た魚の如く。

独占状態・ラッキーですこと。

アルミ板の水底は泳ぐ姿が自分で確認出来てイイ!だそうです。

おまけに水中スピーカーがあって最高!だそうです。

(撮らなかったけど)フィットネスも最新マシーンでご満悦、メデタシ。


もちろんお風呂も貸し切り状態。


「本当に良いホテルだな、又すぐ泊まりたい」そうです。

銀座までさくっと送っていただき、

最初から最後まで木目細やかでスムーズな一貫したサービス、

こんな時期の都会のど真ん中、何処よりも守られている安心感はプレシャスで素直に恐れ入る。

界 仙石原

おはよーさん@爽やか快晴。

ラナイでコーヒーをいただき、


朝風呂~。

相方は大風呂へ。

一応押さえます。(笑)

朝食の時間です。

自然薯パンケーキ。


朝食は軽め・白米旨し。


ラウンジでお茶をいただきチェックアウト。

若いスタッフが爽やかな対応で頑張ってる姿はイイね。

近くの金谷がしっとりカップル仕様だとすると、

こちらは明るく軽やかで女性同士に人気の模様。

1時間ちょっとで気軽に行ける安定の温泉リゾート。

箱根は春夏秋冬ベストシーズンです!