日々旅暮らし

ほろほろ旅人生・島暮らし

Osakaのヒト

Post-82関東ローム層に住む人々にとって、関西弁の聞き分けは難しい。例えばお客さんと電話で話す。「なんか大阪ぽい人だったよー」とオットに伝える。が、しかし、必ず後で言われる。「どこが大阪やねん。四国の人やったで」とか、福井だったとか、京都とか、島根とか・・・。「どんな耳しとんねん?」って感じ。だって全部同じじゃん!・・・でも、微妙に違うらしい。

乱暴に言ってしまおう。大阪人とアメリカ人はとても似ている。どちらも、楽天的でジョークが好きで、声がデカク、早口で、臆面なく大袈裟に人を誉めたかと思うと、容赦なくこき下ろす。声が小さくておっとりとした大阪の人、ごめんなさい。m(__)m 少なくとも、ワタシの周りはこーいう感じなんです。

某作家いわく、大阪は日本のイタリアであるとか。ホンマですか~?派手好きで、身振り手振りが大袈裟で、食いモンに対する意地みたいなもんがあり、自分とこユニークって誇るPositiveなところが。ついでに小麦粉食品への深い思い入れとか。

それにしても、我が家の大阪人は在米25年以上というのに、どうして未だにコテコテなんでありましょうや?と~っても不思議。ハワイには一言も関西弁を話さない、隠れ大阪も多いというのに・・・。「ぼく すっかり標準語やでー」と、本人は言っていますが。(^^;)

※探したけど大阪ぽい映像がありませんでした。大阪のオトコのフォトです。

いくつもの週末

Post-81ワタシの日記を読んだ妹から感想メールが届いた。「Sunnyさんって、本当にシャンパンが好きなのね」と。つまりは、いっつも飲んでる話ばっかなのねってことね。否定はしませんが。(^^;)読み返せば、特に週末はアルコール関係の話が多いような気がする。今日は日曜日、だから今日もする。へミング・ウエイの小説にありませんでしたか?日曜日だから陽の高いうちに飲んでも神様のお咎めはなかろう・・・みたいな?なかったら、ごめん。

※↑はちょっとハネムーナー気取り(トウがたちすぎっ)で空けたシャンパン。
残念ながらフラット気味なルイーズ・ポメリーでありましたが。

↓海も好きだけど、山も好き。シャンパンはもっと大好き!
イエローストーン国立公園を望んで。Amanganiにて。