日々旅暮らし

ほろほろ旅人生・島暮らし

欠けた月

24年振りの皆既月食は澄み渡る山から眺めました。

森の宿の夜は暖炉に火が。

高原~山岳~森林と巡りました。

爽やかな新緑の旅、ニッポンLOVE再発見。

白樺@赤観

おはよーさんです。

おなじみ白樺

*

*
*

朝定から。


二日目は曇天。


夕食前の一杯。

ラウンジで新ドリンクサービスが始まってました。

今日もイイ一日でした。

からの夕食。ホテルコラボのローカル日本酒旨し。

前菜・うざく。

山で食べる刺身もオツ。

相方おすすめシャブシャブは肉質よろし。

ごちでした。見慣れたスタッフはサーブがスムーズでチームプレーに感心。

3日目の朝はぎりぎりまで滑り。

やっぱ朝定でしょ。

カフェでdon’t forget カレーパン&モンブラン。

思いがけず突然の春スキーで大満足。

*
*

*

定宿は至極リラックスで落ち着きます。さくっと冬にまたお邪魔します。

aqua dining @ AKAKAN

雄大な夕暮れ。

ふー滑りきったぜ。(BY相方)

赤倉の氷+水は他の追従を許さぬ秀逸さ。マジ凄い。

エビアンより<蛇口の水旨し。

夕食の時間となりました。

3ヶ月振りですが、

12月は真っ暗でしたが、3月は青い山脈。

さすがに外は凍える。

りーずなぼーなぴの。(リストにOPUS14万円であったで~BY相方

乾杯@百万回目のあにばーさりー。


前菜:蕪のムース?(多分)

サラダ仕立て。

パスタ。

魚料理(失念)

安定のビーフは柔らか~。

デザート。

ご馳走さまでした。

訪れる度にスタッフのサーブが向上しヤル気を感じます。

よろよろ~っと、お休みなさいませ。

春スキー@Akakan

満室で今春は諦めていましたが、

ラッキーにキャンセルが出たので早朝の新幹線に飛び乗りました@貸し切り状態。

快晴@富士山くっきり。

スノボを抱えた若者達に混ざり長野駅にて立ち食いソバ。

妙高高原はド・ピーカンの3月上旬。

野尻湖ビュー。

お馴染みP2ルームですが、

見覚えあるビュー。

クリスマスの頃と全く同じ部屋でした。

偶然かしら。

私達いつも赤倉の天候には恵まれてるね。

滑りまくりで「お腹すいたぁ」だそうです。

雪国ガストロノミー

って何?と相方に訊かれ、うーんなんだろ。

土地ならではの食材・調理・文化?地産地消と違うの。

山中で中トロ食べるの好きな相方はどうかな~?

ラウンジで振る舞い酒をいただき、

夕食の時間です。

密と無縁の食事処。

何やら炉端風。

メニューから:雪国とせ。


雪のめぐみスープ。

日本海天然鮮魚盛り合わせ。


越の鶏と山菜の煮物。

山菜押し麦

日本海天然メバル立焼き


Aランクにいがた和牛やわらか煮

魚沼産コシヒカリ塩沢地区限定一等米

酒粕グラニテにて、ご馳走さまでした。


腹ごなしで徘徊。

誰も居ない大風呂雰囲気あるけど怖し。

広い館内、相方は迷子になったそう。

おやすみなさいませ。

おはよーさんです。

ひとっ風呂浴びて

清らかな朝。

雪解けのせせらぎが聞こえます。

赤い食器はローカルスタンダード?

ご馳走さまでした。

総じて身体にイイ系のお食事でした。

villa suite premium @ Ryugon

プロが撮った写真を見て「この部屋に泊まりたい」と心が動いたものの、

実際はどうなの~?って若干不安でした。

(プロシャシンミリョクテキスギテハズシタケイケンタタアリ)

もっとも参考になるのは素人の撮るものですが検索しても見当たらず、

フロアプランだけを頼りに、恐らくこの部屋だろうなぁと見当を着けた次第。

ヴィラ棟の廊下。

ベッドルーム独立の広いヴィラ(95平米)もありますが、あえての75平米のお部屋をチョイス。

プロの写真に劣る事なく実際の部屋の方が断然素敵でしたが、

自分の撮ったものを見ると全く伝わらないレベルで失礼をば。(BYアイフォン)

デスクからの、

露天風呂。

テラスからの抜けに惹かれて選びました。

ベッド+小上がり。

カウチはふわっと雪+テーブルは岩をイメージ。(おそらく)

古民家再生やリノベ宿は多々ありますが、ここは断トツレベルの仕上がりで恐れ入る。

静謐な気が流れる。

雪景色は風情あるけど、瑞々しい新緑の頃も見てみたい。

Ryugon

妙高高原からローカル鉄道を乗り継ぎ、越後湯沢から送迎車で30分、

南魚沼に到着です。

古くから龍言の存在は知っていましたが、リノベ後に興味あり初泊まりです。

メインBLDGは昔のまま保存で玄関+お土産屋さん。

ガラス越しフロント。

文化財の広間。

巨大パンケーキソファでチェックイン。

雪白囲炉裏スペースからラウンジエリア。

梅酒バー。

ガイジンツーリストが喜びそうなSetting.

ヴィラを結ぶ回廊。

いちいちフォーカルポイントがキマッテる。

雰囲気あるライブラリー。

雪に埋もれてるけど、夏にはガーデンテラス(だそう)。

コーナーのプレミアムビラは池ビュー。

それではお部屋に。

雪国LOVE

2021最後の春スキー。

春待ちキラキラ眩しい木々。

野尻湖ビュー。

半袖でもいけそう@ド・ピーカン。

相方ご満悦にて地鶏。

3ヶ月振り@定宿。

お馴染みP2ルームからの眺めですが、

なんと12月と同じ部屋でした。

人気部屋はず~っと満室でキャンセルが出てラッキーでしたが偶然?


山脈を眺めローカル電車で移動。

旧くて新しい宿。

想像以上に素敵なSetting.

極楽湯の宿。

うっとり雪国・日本のお宝。

赤観ごはん

ゾルビエのクリスマスメニュー。

ロデレール&アぺ。

かるぱっちょ風?(失念)

今年に乾杯。

パイ包みは鮟肝旨し。

黒毛和牛はトリュフ旨し。

随分昔に食べた時より印象かなり宜し。

以前ブログで古ぼけたフレンチと書いて、すびませんっ。クラッシックなフレンチに訂正。

ちなみに初日はアクアグリルで

グリルコース。

二日目は白樺でしゃぶしゃぶコース。

山岳リゾートだから肉中心ですが、どれも美味し。

今回はあえて寿司はパス。

おはよー。

朝はやはり、

和定食が落ち着く。

3年前にアクアグリルが出来て、若干チョイスが広がりました。

が、お篭り宿の食は3日が限界でしょうか。

AKAKAN

前回は家族4人でプール付きP4でしたが、

今回は二人なのでP2。

固めのベッドで熟睡。

過不足無くこじんまりと使い勝手よろし。

なんちゃって暖炉で温まる。

ラナイから


朝夕神々しい山々。


ダブルシンク~シャワー~風呂導線。

24時間滔々と流れる極楽露天。

野尻湖ビュー。

嬉しい事が続いたのでカンパイ♪

今更ながらに、赤観LOVE。

good luck & aloha!