お問い合わせ 808-373-7193

電話受付時間:ハワイ時間 午前6時〜午後5時 日本時間 午前1時〜正午12時

ボラボラ・ヌイ・リゾート&スパ / シェラトン・ボラボラヌイ・Bora Bora Nui Resort & Spa

Bora Bora Nui リゾート&スパ

遠くボラボラ島の島影が見えます。オテマウ山がきりりとそびえ立つ島影を拝んでいたら、日々どんどん「ボラボラに行きた
い!」という思いが募りました。ヘリが飛んで来ました。あっちは晴れているかな?

そんじゃーさようなら~タハア島!と言う暇も無く、あわただしく乗り込みます。お荷物係りのスタッフも一緒に乗りました。  

私だけ前のシート。実は(恥ずかしながら)ヘリに乗るのは初めて(オットは10回目くらい)。高所&閉所恐怖症なんですけど~大丈夫かな?  

安定した飛行で、あっと言う間にボラボラ上空。やっぱり何回来ても、海のグラデーションが感動的にキレイ!オテマウ山が神々しい!ボラボラは断然違う!一々遠い空港まで行く必要が無いので、ドア・ツー・ドアは気軽です。  

パイロットが色々説明してくれたけど、フランス語だったから意味不明でした。(^ー^;)毎回タヒチに来る度に「フランス語勉強しよう!」とは思うのですが。でも13年前と比べたらかなり楽です。ほとんどのリゾート内では、英語で通せるようになりましたね。  

ボラボラ本島上空。これは何処のリゾートかしら?おそらく、モアナ&ホテルボラボラ。  

目指すはボラボラ・ヌイのあるモツ(離れ小島)。うん、いい感じ。他が曇りでもココだけ晴れが抜けてる。タハアとは対照的に外海に面しているのもグッド。空撮してても海の透明感が伝わって来ました。  

話には聞いておりましたが、何処までもひたすらに続く水コテ。  

細長い立地を生かしたデザイン。敷地の広さ&水コテの数と言い、圧巻。  

ウェルカムなドリンク&デザート。ここのスタッフはシェラトン系列とあって、アメリカ的なてきぱきさでした。お客様もハネムーン期とあいまって、7割は日本人という感じでしょうか?後はアメリカ人。年齢層もかなり若いようで、Tahaaとはかなり違いますね。(私たちが一番年寄りか?!)  

船着場の前の桟橋を渡るとプールやレストラン。レストランのウエイトレスは、Tahaaと比較するとかなりカジュアルでした。(ハワイのウエイトレスみたい。よく言えば全く気取らず人懐こい。悪く言えば・・・ナイショ?)シェラトン(セントレジス)ということで。  

でっかいインフィニティ・プール。誰も泳いでないけど。  

800メートルに及ぶ白砂のビーチ。あまりにもキレイ。沖から白砂を運んで盛り土したそうです。(マネージャーさんが教えてくれました)  

部屋数はおそらく、Tahaaの倍はあるのでは?繁盛記だとは思いますが、あまり人に会いません。皆さん水上コテージにおこもりでしょうか?ここは水コテの数をめいっぱい確保しているので、きっと日本の代理店も予約を取りやすいと思います。ホテル・ボラボラのように敷居も高くないし。(値段は高いけど)  

何処までも何処までも続くビーチ。一番端の水コテまで行こう!と歩きましたが、あまりにも広くてギブ・アップ。カートを呼ぶ人が多かったです。  

私たちの泊まったお部屋の真ん前のビーチ。向かって右端の水コテでした。マネージャーさんが「ベストですよ」とおっしゃっていたように、確かにスノーケルも楽しいし、比較的レストランまで近いし、良かったです。  

お部屋の裏側からカヌーで抜けると、ボラボラ本島です。右側にはホテル・ボラボラが見えます。うちのオットはホテル・ボラボラまでカヌーで行ってしまいました。(ほんと)何時間も戻らなくて心配しました。さすがに上陸はしませんでしたが、プレミアム・コテージの真ん前迄行ったとか。ものずき。  

後ろの丘のてっぺんには、スパとフィットネスクラブ、そして教会も。シェラトンだけあって、朝は時差ぼけのアメリカ人でいっぱいでした。なだらかな丘にもマウンテン・ビラが建ち並びます。  

マウンテンビラはビューが良さそう。白人に人気?  

マンダラ・スパの入り口。  

スパのラナイからのビュー。反対側からはホテル・ボラボラが見えました。  

進化する水上ビラ

ここのウリの「タヒチ一、ボラボラ一ゴージャスな水上ビラ」という文句につられてやって来ました。過去に宿泊したホテル・ボラボラもモアナ・パーク・ロイヤルもロケーションは文句無しに素晴らしいものの、イマイチ「狭いなぁ」「バスルームが今ひとつだなぁ」「老朽化が・・・」という感想が正直ありました。  

スノーケルにバッチリ。ここの水はとろろ~んとしていて、穏やかでキレイ。Tahaaでは高波のせいか?浮遊物が多くて泳ぐ気がしなかったもので、ちょっぴり感動です。  
「オレはずっとここにこもるぞ」と言い、ほんとにず~っと水コテのラナイにいたオトコ。  

お隣さんの水コテとの距離は、Tahaaよりも近いです。でも、とっても広々として居心地の良いラナイでした。  

早速泳ぐオット  

フランスパンを投げると、気持ち悪いくらい?うじゃうじゃなお魚君たち。  

朝から夜までスノーケル。(夜はライトがあり)「ここではダイビングに行く必要ない」と宣言。ダイバーでしょうがぁ?  

海に浮かんだ船にいるみたい。「オレ、こういう所に住みたいんだよね~」と真剣に考えるオット。お部屋よりもラナイが気にいった模様。朝起きたらそのままドボン!の生活ですね。※おまけ:ずっと昔オットの前世を見てもらったことがありました。「彼はタヒチからハワイにカヌーに乗ってやって来たのですよ。ずっとウォーリアだった。あなたはこれから先タヒチに行き続けるでしょう」とのことでした。当時実はタヒチから帰って来たばかりで、驚いたことがあります。(ほんと)  

もうそれ以上は焼かないほうがイイよ!という忠告を無視し、更に真っ黒になったオトコ。ヒナノ・ビールを飲む。最高。言うことなし。涙が出るくらいにしあわせ~ということでした。来て良かったね。  

私はビールよりシャンペン。ああ、でも、せっかくのポメリーだと言うのに、フラット気味。ちょっと哀しかった。  

極楽な風景。  

カウチの上の窓。お隣さんがちょい見える。  

「こんなに広い必要ってあるのかなぁ?」とオットがぼやいたバスルーム。水コテの域を超えています。(笑)スケールがいかにもアメリカ人好み。とあるサイトにて日本人のご夫妻がここの水コテを評して、「我が家の3LDKのアパートがすっぽり入るような大きさ」と表現されてましたね。  

リビングからベッドルームを見たところ。  

デスクの窓からは桟橋が。  

夕闇迫るベッドルーム&ラナイ。  

ベッドルームからリビング&エントランス方面。左がバスルーム。  

夜のラナイからのリビング。2つもTVがあったけど、一度も見ませんでした。必要無いでしょう?  

サンセットは残念ながらありませんでした。マネージャーさんいわく、9月がベストシーズンなんですって。うち(ハワイ)もそうなんですよ。お休み出来ませんわ。  

帰りは桟橋からボートでボラボラの空港に向かいます。  

進化する水上コテージ。さようなら~。しっとりとした情緒を望むなら、ホテル・ボラボラを。繊細なソフトとスノッブな客層を好む人は、タハアをお薦めします。気取りとも情緒とも無縁なシェラトン系列ではありますが、「いらっしゃ~い!」というアメリカ的な大らかさと広々とした客室&敷地&爽やかな気候と海の透明度がこのリゾートにはあります。  

モーレアも含め、過去に試したタヒチの水上コテージは6箇所になりました。最後にオットに質問してみました。もしも自分の知り合いが一生に一度だけタヒチに来るとしたら、何処を勧める?と。「1箇所に決められない。地形、ロケーション、居心地、新しさ、広さ、海洋生物、夕陽、風の向き、ソフト&ハード、スタッフ、全部がパーフェクトな水コテにめぐり合ってないから」という本音のお答えでした。私たちの旅は、まだまだ続きそうです。フレンチ・ポリネシア全島目指すぞ~。(ものずきですよね)気持ちよい「気」が満ちているボラボラ島。いつも帰り際には「又来るぞ~」と思ってしまう二人でした。 

※ホテルのオフィシャル・サイトです。※2004年当時はシェラトン系列でしたが、現在(2009年)はヒルトン系のようです。その後の変化については責任持てません。すんまへん。