お問い合わせ 808-373-7193

電話受付時間:ハワイ時間 午前6時〜午後5時 日本時間 午前1時〜正午12時

日々旅暮らし

ほろほろ旅人生・島暮らし

加賀屋別邸 松乃碧

夕食は個室を用意してくださったのですが、窓が無くて閉塞感ありなので、

01

海の見える半個室に変えていただきました。

02

利き酒。

03

生ビから。

04

蛍烏賊・くちこ・このわた等。

05

酢の物・加能蟹。

06

予約時に蟹尽くしを希望したところ、3月の蟹は痩せているそうで、

コース料理は2月20日で終了とのこと。

鱈白子吟醸仕立て。

07

本日の刺身@能登六海。

08

ワインは、ちょっと好みが見当たらず。

09

八寸・祭り囃子。

10

記憶にございません。

11

焼き物:のどぐろ&能登牛。

12

煮物・じぶ。

13

蟹ご飯。

14

杏仁豆腐。

15

不調でテンション低くて、すびませんっ。

ほぼ相方の胃袋に収まりました。

で、感想は「コマコマキレイだけど、これ食べた!」って言う一品が無いね。

と言うことです。ハイ。

おはよーございます。薬飲んで寝たら、かなり復活しました。

16

朝はカウンターで。

17

珍しく朝ビは無し。

オールインクルーシブだけど、今回は元取れず。(笑)

18

生ハムサラダ。

19

かじき昆布〆。

20

ふくめ煮。

21

一夜干し。

22

コンセプトは、美術館に泊まるだそうです。

23

隅々まで緊張感を持って心を尽くした宿でした。

我々とは相性イマイチでしたが、よく出来た日本の旅館で高得点なのも頷けます。

思いつく限りの全ての事をやりましたって言う、女将の心意気を感じます。

それでは、大阪に向かいましょ。

good luck & aloha!

松乃碧

さてお部屋に。

14

特別室のスイートにUGしてくださったようです。

15

カメラに収まらない広さ。奥が和室。

16

優に150平米はありそう。

17

ベッドルーム。

18

トイレ&洗面は2箇所。

19

一応温泉だそうですが、掛け流しではありません。

色々難あり、一度も入りませんでした。

20

20分かけて下から汲み上げ、温度調節が難しく、

いつの間にかお湯が抜けてしまう。うーん課題ですね。

北陸初オールインクルーシブだそうで。

21

1杯いただきました。

22

穏やかな七尾湾。

23

ぴーすふぉー♪

25

アップグレードしていただいて言うのもナンですが、

この部屋に、にずーいちまんえんは無いわ。

実際支払ってたら、夫婦喧嘩に発展したと思う。

(実際ケンカしてた夫婦の宿ブログを拝見しました・笑)

24

じゃー幾らならappropriateなんだよーって、相方に訊かれましたが、

税込み13万8千円くらいでしょうか。細かいなアッシ。(苦笑)

そう考えると、赤倉スイートが激安に思える今日この頃。

あの部屋はホント、価値ある。

もしや赤倉に3泊してなければ、ここの評価も違ってたのかも。

さて夕食の時間となりました。

good luck & aloha!

matsu no midori

加賀屋さんが満を持しての別邸をオープンしたと聞き、

ミョーな期待を胸に伺いました。

加賀屋は未踏ですが、JTBのプロが選ぶ宿で常にトップだったので、

長らく興味シンシンの二人です。

01

コンセプトは森のアートギャラリー?(違ってたらごめん)

02

ラウンジ。

03

高そうな真っ白いカウチがこれでもかと。

04

格調高いお着き菓子。

05

七尾湾ビュー。

06

そー言えば、エントランスに昭和天皇植樹って書いてありました。

07

格調高い茶室。

08

格調高い土産物屋。

09

大風呂チェック。

10

※常に1番乗りなので、誰も居ません。

こちらは古い物件をリノベした模様。

11

露天は新設した模様。

12

赤倉で温泉三昧した後だけに、正当な判断が出来ない。

海のそばだから塩っぽい温泉で、しっとり感が乏しい。

全体的に温度が低めで不利。我々のアレでは無い模様。

美しい朝陽を浴びての朝風呂は秀逸。

13

お山の上では絶好調だったのに、下山した途端に鼻&喉をやられてしまい、

ここでは絶不調で倒れてたワタシ、正直あまり記憶がありません。

緊張感あるスタッフ達に支えられ、一丸となってサービスの高みを目指しているのは伝わります。

ソフトもハードも完璧ですが、something missing。

ぼーっとした頭で考えたのは、宿としての「味」が見当たらないと。

最後に渡されたevaluation sheet がびっちりの項目で、わっ大変だなと。

しっかりマニュアルをこなし、ソソウの無い様に振舞い、評価を受ける。

プロが選ぶ#1の宿って、ソコなんでしょか。

皆さん一生懸命だけに、negativeな事は書けません。(書いてるけど)

実際に宿泊した人達の評価を見たら、ほぼ満点であったところを見るに、

我々のテイスト違いってことなんだろうなと。

加賀屋さんは強力なリピーター層が厚い事でも有名なので、

その方達が訪れるだけでも、安定の稼働率をキープ出来そう。

PS>ところでハワイのサービス業でびっちりevaluation sheet なんか書かせた日には、

みんなソッコー辞めてしまうのではあるまいか。いやマジで。(笑)

某有名ホテルでお辞儀の仕方を教えた翌日には、ローカルスタッフが消えたなんて実話も。

ハワイでお・も・て・な・しは無理ぽ。

good luck & aloha!

すし玉@金沢駅

サンダーバードの乗り換えに50分程度あったので、

金沢駅2階の激安回転寿司にGO!

さて30分1本勝負いってみよー。

01

蟹味噌。

02

白海老。

03

アンキモ。

04

鰤?

05

白魚。

06

のどぐろ。

07

金目。

08

蛍烏賊。

09

いくら。

10

海胆。

11

えんがわ。

12

のれそれ?

13

あなご3種(生・焼・煮)

14

がーっと食べて、兎に角安い。ごっそーさん。

がーっと電車で1時間寝たら、とうちゃこ。

15

この駅降りるの、初めてかも知れない。

<続>

蟹以外の望洋楼

ぼ~っとしてたら夕餉です。

13

蟹以外のシーズンも海の幸イケテルと噂ですが、美味しかったよ。

14

奇をてらったものや特別凝ったものは無いけど、

シーフード好きな人には◎な旅館料理だと思う。

まずは梅酒を少々。

15

蒸鮑+海胆。

19

秋の八寸:鮭いくら寿司、子持ち鮎、松茸からすみ、柿・梨あえ等。

16

椀もの:鱈+松茸。うん、いいぞ。

20

お宿のシャブリNGにて、呑めませぬ。

17

で、チョークヒルさんの出番。コーケージは3000円だったかな。

18

某ソムリエさんのブログ見たら、ここにマイワイングラスお持ちこみしてた。

向付け:かれい、いか、鮪等々、

21

がさ海老・初体験。

22

焼き物:のど黒・梅貝。

福井の料理はぱきっとお味が濃い目ね。

23

焚き合わせ:しゃぶしゃぶ。えっ。

24

おしのぎ:甘海老かきあげ+越前手打ち蕎麦。

さすがにギブ、相方に進呈。

25

そうだ、ここらのB級グルメ名物が、越前蕎麦だったはず。

のど黒酒蒸し・生姜茶漬け。

さすがに無理ぽ、相方に進呈。

26

デザート:栗すーぷ美味し。

紅茶ゼリーは記憶に無いが旨し。(多分)

27

大食い男子で丁度イイ感じのDinnerは迫力ありでした。

おはよーさん。

相方は暗いうちから、東尋坊までジョグ。怖くない?

28

ワタシは朝陽を拝み朝ぶろーっ@極楽。

29

ここの温泉はず~っと入っていたくなる掛け流し。

オーシャンフロント+蟹+温泉=最強のコラボで人気あるのわかる。

おめざは濃厚とまじゅー。

30

「小泉さんが座った席ですよ」と、朝からミーハー心を刺激する担当さん。(笑)

31

T屋さんと打って変わって、ごちですな。

32

豆腐うまーっ。ローカル米もうまし。

33

朝ビでしょ。

34

蟹シーズンと違い、まったりしてる。

蟹以外は、アーリーチェックイン&レイトアウトが可能です。

35

解禁を向かえ、今冬もすごいことになるんでしょうね。

結局観光もせず、一度も宿から出ませんでしたわ。

36

北陸を抜ける旅の金沢経由地として、益々注目されそう。

おまけ:噂の酒粕プリン、いただきました。

38

おみやに人気の模様。

のんびり秋旅は楽し。

37

<続>

秋の望洋楼

来年は迷うほど泊まってみたい宿テンコ盛りですが、

今秋はこれと言って思い浮かびません。

が、軽井沢で家族と待ち合わせしていたので、北陸に寄ろうと、

あらやorべにや再訪どうかな~ってお伺いを立てたら、

「加賀温泉は初夏に行ったからイイ」ですと。

で、12年ぶりの芦原温泉です。時の経つのは早いね。

前回は献上蟹の時期で寒風荒んでいた記憶あります。

我々にしては、珍しく和な感じ~。

01

照明ペンダントが何故か北欧ちっく。

1階のコーナー2間続き:まつかぜ。

02

越前藩主・松平候がお気にだった部屋ですって。

ほれ、坂本竜馬の先生でしたか。(実は知りませんでしたが)

03

小泉じゅんちゃんも献上蟹を食べたお部屋。

うふふ、ミーハーなんで、そういう話LOVE。(笑)

いわゆるダイレクト・オーシャンフロントってやつ。

04

嘘みたいに穏やかな日本海。

05

前回は冗談抜きで荒れ狂っていて、露天とか入れないレベルだった。

お部屋の風呂は3年前にリモデルしたそうよ。

12

三国温泉、お湯がこんなにヨカッタのかと、ちと驚く。しっとり~♪

09

サービスのお着きビア。

06

マッタリ東尋坊を眺めつつ。

07

が、翌朝はいきなり荒れ模様。波ブレークしてるし。

08

しかしこんなに海にせり出てて、嵐とか大丈夫なんすか?って訊いたら、

「遠浅なので大丈夫」なんですって。

いつもは丁度この部屋の前で海女さんが仕事してるそうよ。

三国って牡蠣や魚介も美味しで美ビーチもあるし、夏季も繁忙なんですって。

部屋露天で満足して、結局一度も大風呂入らず。

11

代々網元で130年の歴史を誇る蟹旅館だけど、

解禁前だと言うのに満室だってさ、人気あるね。

10

やっぱ北陸新幹線効果でしょ、金沢から35分だもの。

北陸方面は関西からは馴染みが深いけれど、東京の人達にとっては億劫な場所で、

わざわざ飛行機乗るのもな~って感じだったけど、

数年後には芦原温泉駅も新幹線開通するし、更にえらいこっちゃだわね。

ちなみに我が家族が年末の予約を考えていたが、数ヶ月前から満室でありました。

残念無念@蟹さん。

<続>

professional

日本の6月29日放送「仕事の流儀」、これ見たい。

めっさタイムリー。(笑)

nhk.or.jp/professional/schedule/

ハワイでもやるかな?

NHK衛星楽しみ。

そうなの、若い人に弱いの。

特に地方で邁進してるヒト見ると、嬉しくて応援したくなっちゃう。

「まだまだ」「これから」ポテンシャルいっぱいの人、溢れるほど生息するでしょ。

それがニッポンの底力。(断言)

a55

今更ながらに、ニッポンの食はオモロイ。

お次は何処に行こかー。

good luck & ALOHA!

寿司@金沢駅

未だ嘗て見たこと無いほど整った、魅力的な金沢駅ですが、

今回は乗り継ぎのみで素通り。

と思ってたら、例の如く「寿司食べたい」と言う相方。

うーん、時間無いよ。

ちょこっと駅ナカでイイからさ~って、新幹線を1本ずらしましたとさ。

30分一本勝負いってみよー@開店一番乗りです。

60

テキトーに入ったけど、今回はハズシてませんよ。(笑)

板さんオマカセコースを頼みたかったけど、夜のみですって。

ランチは回転良くしないとね。

6162
6364
6667
6869
7071
7273
7465

若い板さん達が爽やかで、さくっとした仕事っぷり。

リーズナブルだし、ちょこっと乗る前につまむのにイイね。

鮨・歴々、ヨカッタ。★★★+☆ 駅ナカでカジュアルに美味し。

聞けば市内の有名店の姉妹店ですって。

私たちが帰る頃には行列が出来てた。みんな同じこと考えるらしい。

75

新幹線開通でガイジン客急増にて、英語を学んでるって。

カンペ見ながら一生懸命説明してました。

ちょっとー乗り遅れちゃうって。

76

泡まで仕入れてからに~。

77

長野で乗り換えて軽井沢に寄り道です。

<続>

山中温泉・花紫

当ブログ内で、伊豆&箱根他の名宿を検索している方が少なくありませんが、

そりゃー宿好きなら行くであろう宿は、だだっと全て制覇してますよ。(笑)

でも当時(20代)はデジカメ持って無かったし、ブログもやってませんでした。

皆様が気になる宿:「あさば」「強羅花壇」「蓬莱」「柳生の生」「俵屋」「玉の湯」「海石榴」等ですね。

特に「あさば」は家族で行き過ぎた感あり、一生分イイかな?と敬遠していましたが、

最近はとても手を入れて美しく生まれ変わったようなので、ちょっと気になってます。

近頃は「一休」で予約受付も始まり、客層にも変化ありそうですね。

******

それでは、花紫のごはん。

夕食は個室希望でしたが、グループが入っているとのことで、

カジュアルな食事処で。

41

隣の部屋には香港の若者4人が居て、

食事がサーブされる度に感動して写真撮りまくってた。

ポイント制で好きなものをチョイス出来ますが、

面倒なので、あえて普通のコースで。

蟹の時期ではないので、そこまで期待してませんでした。

山海の幸盛り合わせ。

42

温泉旅の〆はコレ。

43

相方は冷酒。

44

お椀:鱧の葛叩き

45

お造り:旬の4種

46

手巻き寿司

47

岩蛸の柔らか煮

48

のど黒塩焼き

49

強肴:和牛ロースの焼きしゃぶ。

50

鮑&毛蟹の卵とじ。

51

止椀。記憶なし。

52

水物。食べたかな?

53

おはよー。今日もイイ天気。

39

一風呂浴びて。

40

朝メシ。

54

蛍烏賊焼いて。

55

至ってふつーの旅館ごはん。

56

蒸野菜、美味しかった。

57

ご馳走さんでした。

楽しかったよ、久々の山中温泉。

廃れてない温泉街って、久々に見た気がする。

38

とんがった所が無い宿は、気の置けない家族や仲間で寛げます。

いわゆる普通の中規模旅館ですが、

実はこんな宿が一番人気で、稼働率も利益率も安定してそう。

数年後には加賀温泉駅にも新幹線が停まるそうで、変化が楽しみですね。

今現在も東京からのお客さんが増えたと、運転手さんが言ってたし。

それでは温泉編は、これにて終了。

青森~秋田~富山~石川と、長々とお付き合いサンクスでした。

58

後は、ぼちぼちっと、軽井沢&東京編が残ってます。

それでは、どちら様もイイ旅を。

アロハ。

花紫

昨日タヒチのN子さんからメールあり、

このブログの旅程をコピーしてニッポン巡りに備えるそうな。

よっしゃーまかしときって。(笑)

相方が飽きないようにアレコレ宿選びしてるから、気に入ると思うわ。むふふ。

****

箱根を急遽取りやめ→加賀温泉にGO!ってことで、少々悩みました。

かよう亭に露天付きの部屋が出来たから、どうかな~?

が、「今まで行ったことない宿がイイ」とリクエストあり。

過去に訪れたのは、山中温泉の「かよう亭」と「胡蝶」、

山代温泉が「あらや滔々庵」「白銀や」「べにや無何有」ってことで、

ずっと気になってた老舗の「花紫」です。

いわゆる名旅館とは違うけど、リピーターの多い宿として有名です。

今更ですが、とても良いロケーション。

20

私たちには珍しく、いわゆる旅館してます。

21

団体がバスで訪れるイメージあるけど、どうかな?

コーナーのスイートでした。(繁忙の金曜日でこの部屋のみ空いてた)

37

おざましますです。

23

リビング+なんちゃって暖炉。

27

ブリッジ&リバービュー。

25

相方が橋の上からチェックしたけど、部屋の中は見えなかったそうよ。

33

右側に出てる部分がお風呂。渓谷を流れる爽やかな風&音に癒される。

32

170平米って、スゴイね。

おそらく2部屋をコネクトしたのかな?

28

アマン東京のスイートが140平米で、リトリートが150平米だったから、

推して知るべし。50坪って、ふつーの家丸ごとでしょ。

キチネット。

29

工務店さん、天井にシャイニー素材はあかんやろー。ぎらぎら反射しとる。

予備室:相方のエクセサイズ・ルームに。

24

ベッドルーム。

31

バスルーム。

30

どんだけ広いねんっ。

35

サウナ~水風呂~Wシンク。

26

極楽♪ 源泉100%掛け流し。

34

やっぱ好きだな、風薫る5月のジャパンLOVE!

☆この真下に「春の一」というスイートがあり、落ち着いたインテリアですが、

夏の一の方がビューは良いそうな。

☆このお宿、人気あるのわかるわ~。

好きな時間に駅からの送迎もあり、

チェックイン12時&チェックアウト12時っていうのもイイね。

企業努力してるぞ。

<続>