お問い合わせ 808-373-7193

電話受付時間:ハワイ時間 午前6時〜午後5時 日本時間 午前1時〜正午12時

日々旅暮らし

ほろほろ旅人生・島暮らし

Is COVID-19 “just the flu”?

オーストラリアは現時点で全ての外国人の入国を禁止し国民の海外渡航も禁止で、

事実上の鎖国状態となりカンタス航空等全ての国際便を3月末から停止との事。

米国もトランプ大統領が国家非常事態宣言を発令した際、

海外に滞在している国民は直ちに帰国するように促し、

成田空港には慌ててアメリカ便に乗り込む旅行者達の姿があった。

封鎖されたら帰れなくなってしまうと人々は不安気だが、

アメリカも豪州並みの鎖国状態に入るのは時間の問題なのだろうか。

世界の人々はグローバリゼーションの元、軽やかに国家間を行き来し、

ビジネスや観光や留学や移住を疑い無くエンジョイして来たが、

180度転換の鎖国状態に阻まれ立ちすくむばかりなり。

さよなら~オッサン、お元気で。(笑)

ワタシも時間と$$$と健康体と気力があれば、

行きたい時に行きたい場所に飛んで行けると信じて長らく生きて来たが、

ここへ来てその思いはガラガラっと音を立てて呆気なく崩れた。

が、今回のウイルス騒動には色々考える機会を与えられ、

自分なりに究極の選択を仮定して突き付けてみた。

一拓のみでグレー回答は無し。

●日本に行けるが、2度とアメリカに入国出来ない。

●アメリカに入れるが、2度と日本には帰れない。

ワタシは未だGCのままで今後もシチズン取らないから迷わないが、

さあ、アナタならどっち?

PS>今回の件で留学を見送った学生が世界中に多く存在するが、

今後は更に自国に帰るという選択をする人々が増えると想像する。

アメリカ国務省は20日、すべての国でビザの発給を一時停止すると発表した。

グッドラック&アロハ!