日々旅暮らし

ほろほろ旅人生・島暮らし

旅のヒストリー

先日のこと、夏の靴と洋服を求めて、SCを半日彷徨ったところ、

枯れに枯れている物欲に、我ながら驚くばかりなりっ。

欲しいもんが皆無で、ちょっとコワくなっちゃった。

で、「この物欲の無さは異常だよねっ!?」と嘆くと、

「いやキミの場合、旅行とワインがあるでしょ」ですってさ。

旅かぁ~、そっち方面も最近はアヤシイんだわ。

2007年頃から、飛行機に乗るのがシンドくて、フットワーク重し。

ちょっと年上のオバサマの話なんですが、

「50歳でリタイアしたら行ったり来たりの生活」をプランしていて、

早々にハワイと日本に住まいをセットしていたんだけど、

長時間フライトが苦痛で、ファースト・クラスでも乗る気がしなくて、

結局日本の家を処分しちゃったそうな。

わかるわ~。

ワタシはもともと飛行機嫌いだし、時差もキツイし、

9時間フライトって、年々地獄かも・・・。

(Fなら我慢出来るけど、Cだと忍耐、Eなら乗る勇気ない。)

久々にご本家サイトの「旅のヒストリー」のページを見たところ、

2005年辺りまで毎月のように、異常に旅に出てるし、

そういう最後のお年頃だったのでしょうか?

人生で一番仕事をした時期にて、相方いわく「死ぬほど働いた」そうな。

確かに「ぶっ倒れなければイイけど・・・」と常に案じていました。

で、やっぱストレス解消の逃避も必要だったのよね。

:emojiairplane::emojiairplane::emojiairplane::emojiairplane::emojiairplane::emojiairplane::emojiairplane:

遡ればもっとも旅していたのは20代前半の新婚当時でした。

二人ともなんもしてなかった(ぷー?)ので、

それこそ思い立ったら吉日、さくっと飛んでいましたわ。

さすがに2年で飽きて、いきなりワタシは働き出し、

何故か相方は急に学校に戻り、そのうちワタシもUHに戻り、

二人とも仕事しない時期が長く、当時はどうやって暮らしていたのやら。

若さってスゴイね、お気楽でコワイもん無しじゃん。

っていうか、ただのアホだったのかも知れんが。

旅のヒストリーって、人生のヒストリーでもあるんだよね。

PS>若者よ、体力&気力があるうちに、旅に出るがよい。

ただし、私らみたいにな大人にならぬよう@旅暮らし&その日暮らし。

Wherever you go there you are
んじゃ又。:emojiface_cyu2:

:emojionsen:やっぱ湯煙紀行でしょ!;ニッポンのサービスLOVE!

※先日の記事で「日本のような年金制度はない」と書きましたが、
「退職金制度」の誤りです。すみません、訂正します。
アメリカにはSS(2042年に財源枯渇?)があります。日本でも需給可能。失礼をば~。